コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

花柄ワンピ姿が超ビミョー「ママになったら似合わなくなった服」に呆然!!

ファッション

2018.11.29

独身時代や結婚前、とっても似合ってお気に入りだった〝あの洋服〟。おもむろに取り出して着てみたものの、「あれ?! 似合ってない!!!」と愕然とした経験、ありませんか? サイズや体型だってそれほど変わったわけじゃないのに、いったい何を失ったというのでしょう(涙)…ママたちにお話を聞きました!

 

花柄に漂う「なんか違う」感(真子さん/32/会社員)

一番好きだったアイテムは「ワンピース」。特に花柄が好きで、旦那との初デートや結婚記念日、旅行…ここぞという〝決めの場面〟ではいつも着ていたんですが、息子を妊娠中はひとまずお休みしていました。

shutterstock_192998699

そして産後、ウエストも体型も元に戻ってきたので「そろそろかわいくてオシャレな私復活!」と意気込んで着てみたところ「あれ? なんか違う…」と、鏡の前でボソ…それを聞きつけた旦那が、ぬっと顔出してのぞき込んできたんです。そして、上から下まで見てひと言「違うのにしたら?」。

一体なぜ!? イヤな予感が頭をよぎりました…そして、クローゼットからありったけの花柄のワンピースを引きずり出し、次から次へと着てみたんですが。

結果は全て同じで「なんか違う」。「完全アウト!」というわけではないですが、どれもこれも似合わないんです。「なんか違う」のひと言に尽きました…かろうじてOKだったのは紺色とベージュの無地2着のみ。

あの日以来、花柄のワンピースは卒業しました。雑誌を見るとときめくんですが…似合わないものを買って、がっかりの上塗りをしたくはないですしね。

私が失ったものは何?瑠璃さん/35/飲食店勤務)

「女ですもの、美しい脚!」と、美脚にはずっと磨きをかけてきました。というのも、私は胸もそれほどありませんし、自信をもってアピールできるところといえば脚しかなかったんです。

shutterstock_1125942260

うちの旦那は「脚フェチ」で、私の脚が大好きでした。なのでデートでも短めのミニスカートを履いていきましたし、ミニスカートには凝っていたんです…でも、出産を機になぜかビミョ〜になってしまい。

別に太くなってわけでも、ましてや脚が短くなってわけもないんですが、「なぜかミニスカートが似合わない」んです。ミニスカートを履いた下半身だけを自撮りすると、自分で言うのもなんですが、「結構イケてる」んです。なのに、全身を鏡で見てみると〝頑張ってるおばさん感〟がハンパなくて…。

結局、ひざ下スカートやガウチョパンツしか似合わない女になってしまいました…私は何を失ったのでしょう…若い子の脚を眺めてしまうこの頃です(笑)。

あんなに「かわいい」って言ったのに里緒菜さん/29/販売員)

着る服によって、人って変わるのかもしれません。出産前はレースやリボンやピンク色が大好きで、お気に入りのフェミニンな服を着て、よく旦那に写真を撮ってもらっていたんです。

でも、妊娠してからというものマタニティウェア一辺倒、出産後もラクさ優先…それも「汚れてもいい服」とか「抱っこ紐で擦れても大丈夫な服」な服ばかり。気がつけば「オシャレ」なんて言葉自体、ホコリをかぶっていたんです。

shutterstock_1055730668

息子も4歳になったある日「そろそろあの頃みたいにオシャレを楽しみたいな!」と、アルバムをパラパラ。そして「試着もせずに」、フェミニン服を爆買いしました…だってサイズにさえ変化がなければ、変わらず着こなせると思うじゃないですか。

で、さっそく週末のお出かけの朝に着替えてみると…寝ぼけ眼の旦那は「え…どうしたの?」と…昔はあんなに「かわいい」と言ってくれたのに…なんで?

不思議に思って鏡を見ると、そこには「娘と洋服をシェアしてはしゃいでる風」のおばさんが…そっと服を脱ぎ、いつものゆったりニットに着替えたのでした。

自分では気づいていなくても、体型や雰囲気は刻々と変化しているもの…たまには周りに意見を聞いてみてもいいのかも、ですね。でも、その変化も人生が成熟した証、気を取り直して新たな〝大人の女のファッション〟を見つけてください(笑)!

shutterstock_163342079 (1)

ライター:藤崎陽菜
ネイリストとして働く傍ら、美容・恋愛ライターとしても活動中。ママ友とのおしゃべりは大好きだけど、最近でき始めているママ友派閥のとりなし役になっているのが悩みの種。公務員の夫と、2歳になる娘と三人暮らし。

あなたにオススメの記事

ファッションテーマ : 【アイテム】その他の記事

アイテム
もっと見る