ワーママの通勤・職場用バッグ&中身を公開

【この記事は、CHANTOママライターによるウェブ限定記事です】

 

ライター名:いずみ

 

お子さんを学校や保育園に送ったらそこからはママのワーキングマザーとしての一人の時間。

毎日職場に持っていくバッグに、そしてその中身にこだわりを持つだけで毎日が楽しくなったりもします。

なんとなく選んだものではなくこだわりを持って選んだもので揃えて毎日の出勤をより楽しいものにしていきましょう!

 

バッグはコーディネートに合わせて組み合わせを楽しんで

バッグは服装と同じく毎日のコーディネートの中心になるもの。

たくさんの種類を持たなくてもいくつかのお気に入りバッグの中からその日の気分や服装との相性で選んで、コーディネートを楽しみましょう!

 

ちなみに筆者が主に使うのはこの3点。

20161111-1

かっちりとした服装の時や少し気合を入れたいときはレザーのバッグ、柔らかい雰囲気にしたい時はピンクのキャンバス地のバッグ、少し疲れている時は手触りのいいファー生地のバッグです。

 

メイクポーチとその中身も厳選のアイテムを

職場では忙しくてメイク直しをする機会も少なかったり、荷物も少数派だったりする方も必要最低限のアイテムは持っていたいもの。

お化粧直しのパウダーにリップ、手鏡など少なくともこれだけあれば安心!というアイテムを選んで。

 

筆者は毎日油浮き対策のパウダーとほんのり色づくリップグロス、手鏡を持ち歩きます。

頭痛薬や胃薬も一緒に入っています。

20161111-2

唇が乾燥しているとなんとなく疲れた印象になるので、特にリップグロスは持っていないと落ち着きません。

 

毎日絶対に持ち歩くお財布&スマホもこだわりの逸品を

自分のものにはあまりたくさんお金をかけられないというママさんも多いと思いますが、お財布など一点だけでも高級なものを持っているとなんとなく気合いが入ったり力が湧いてきたりするから不思議です。

お誕生日や勤続年数の節目の時期などに自分へのご褒美としてお財布を買ってみるのもいいですよね。

20161111-3

スマホは保育園や学校からの連絡、退社後のパパとの連絡手段としても絶対の必需品。

子どももいて大人になったけれどここだけは遊び心をきかせるのが楽しいポイントです。

筆者のクマのケースは柔らかくて、落としても衝撃を吸収してくれる優れもの。

20161111-4

そして何よりこの間延びした表情が仕事中などふわっと癒しを与えてくれるんです。

 

毎日の必須アイテムにこだわって自分だけのお気に入りの詰め合わせに

なんとなく選んだバッグに朝バタバタと荷物を入れて出勤するというママさんも多いと思いますが、お気に入りのバッグを持って出社するだけで気分も上がります。

時間があれば一度バッグの中身を総ざらいして、自分のお気に入りのグッズだけで揃えてみるのもおすすめです。

 

ちゃんと 編集部

働くママ向けのメディア『CHANTO』の編集部。月刊誌『CHANTO』で掲載された記事や編集部が独自に取材した記事をご紹介します。