注目のキーワード

注目のキーワード
コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

ママのカジュアルスタイル、だらしなく見せないポイントとは

ファッション

2019.01.23

カジュアルスタイルのママの画像

家事や仕事で忙しいママさんのファッションは、やっぱり動きやすさ重視。特に朝はバタバタで、「コーディネートを考える暇もない!」なんて方が多いのではないでしょうか。

しかし、動きやすい服ばかりを選んでいると、ラフで手を抜いているように見えてしまうことも…。今回は忙しいママの普段着をおしゃれで上品に見せるテクニックをご紹介します。

◆ロングカーディガンで縦ラインを強調

丈の長いアウターを着ていると、縦のラインが強調されて大人っぽい雰囲気になりますね。ロングカーディガンは1枚着るだけで落ち着いた印象になりますし、秋冬はもちろん、春夏の日焼け対策にも役立ちます。

スキニージーンズとロングカーディガンの組み合わせは、気になるお尻や太もももカバーしてくれる定番コーディネート。

さらにスタイルアップを狙うなら、体の中でも細いパーツの首元と足首を見せるようにしましょう。Vネックのカットソーにロールアップしたパンツがおすすめです。スタイルアップはもちろん、程よい肌見せで女性らしさを与えることができます。

また、シンプルなトレーナーとデニムのパンツの組み合わせにはブラックのロングカーディガンがぴったりです。デニムを着るとカジュアルな印象になりますが、引き締まったカラーのロングカーディガンをプラスするだけで大人っぽい雰囲気が出せますよ。

春夏はオフホワイトのロングカーディガンにシャツとデニムを合わせてもいいですね。インナーが白い場合はカーディガンを濃いネイビーなどにしても抜け感が出ます。

オフホワイトのロングカーディガンは春夏に映えるアイテムですが、冬はコートの中に着る防寒アイテムとしても役に立ちます。明るいホワイトカラーは、重たくなりがちな秋冬コーディネートのアクセントにもなるのでおすすめです。

◆上品カジュアルなスニーカーをチョイス

上品カジュアルなスニーカーの画像

カジュアルコーディネートに欠かせないアイテムと言えば、スニーカーです。カラーバリエーションが豊富で歩きやすいスニーカーは、様々なブランドから発売されています。ママになってからは、スニーカーしか履かない!なんて方も多いですよね。

スニーカーは、丈の長いスカートと相性のよいアイテムです。ロングスカートは上品なイメージのあるアイテムですが、スニーカーをプラスすることで程よくカジュアルな印象を与えることができます。

特に、ベージュのコットンロングスカートは一年中使いやすいアイテムです。コットンを用いたスカートは通気性がよく、暖房の効いた室内でも蒸れにくいです。レッドのスニーカーをアクセントにすると可愛らしさもプラスされますよ。

ホワイトのスニーカーは、異性からのポイントも高いアイテムです。トップスとボトムスもホワイトでまとめたオールホワイトコーデは透明感があって太陽光に映えますね。

また、スニーカーはソックスとのコーディネイトも楽しめます。レースやシースルー、ニットなど、いろんな素材のソックスと組み合わせれば同じスニーカーでも違う印象に。素材にもよりますが、スニーカーは丸洗いができるものが多く、手入れがしやすいこともママに愛される理由の1つでしょう。

◆キレイ目カジュアルのテーマカラーはホワイト

136-2

ホワイトは膨張色と思われがちですが、コーディネートに取り入れれば自然な上品さを演出することができるカラーです。パンツやインナー、小物にホワイトを使うと抜け感が出ますし、いろいろな組み合わせが楽しめます。

ホワイトのシャツは大人っぽい着こなしに適したアイテムです。デニムやロールアップしたパンツなどにホワイトのシャツをインするだけで、腰回りがすっきりして見えます。

ホワイトのシャツを着る際の細見えテクニックとして、あえて普段着るサイズよりも一回り大きなサイズを選ぶという手も愛理ます。上半身の華奢見えはもちろん、あえて後ろだけシャツインせずに着ればヒップもカバーできますよ。

柄物のボトムスにも、ホワイトのトップスが役に立ちます。トレンドのパイソン柄やレオパード柄はおしゃれですが、なかなか手を出せないママも多いのではないでしょうか?そんな時にはホワイトのニット素材トップスがオススメです。柔らかく肌触りのいいニットと優しげなホワイトカラーを組み合わせることで、ボトムスの辛口さを中和してフェミニンな印象に。

また、ホワイトがデニムとの相性抜群なのは皆さんもご存知のはず!ジーンズだけでなく、デニムのタイトスカートやワイドパンツを合わせてもオシャレです。カジュアルなデニムと合わせる際は、ホワイトのインナーの首回りはVネックなど肌の見えるようなものにすると女性らしさも演出できます。

あなたにオススメの記事

ファッションテーマ : 【コーディネート】その他の記事

コーディネート
もっと見る