コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

「ジオメトリック柄」ってどんな色?ママのトレンド取り入れ術

ファッション

2019.01.19

 

ジオメトリック柄の画像

・2018年、色々なジャンルで流行しているジオメトリック柄

ファッション業界はもちろんのこと、インテリア業界やネイルアートの世界でもトレンドとなっているジオメトリック柄。ただ耳慣れない言葉ではあるので、どんな柄のことを指しているのか実はよくわかっていない、という方も多いのではないでしょうか?

ジオメトリック柄は、日本語に訳すと「幾何学模様」という意味。直線や曲線を使い、規則的に描かれた柄のことを指します。1979年代後半から80年代にかけてパリコレを中心にトレンドとなったことで広く知られたパターンとなりました。

その後も数年に一度はトレンドの柄として取り上げられてきたジオメトリック柄ですが、現在はファッション業界でここ数年続いている「タッキースタイル」の流行がその呼び水となったようです。

タッキーというのは、「悪趣味」という意味の言葉です。ファッション業界ではいわゆるダサいスタイルのことをタッキースタイルと呼ぶのですが、最近はあえて悪趣味ぎりぎりのアグレッシブなコーディネートが流行しているのです。

ギークっぽいスタイルが逆にファッショニスタにウケることがあるように、ダサいものも一周すれば洗練されて見えるのかも知れません。

タッキースタイルのひとつに、柄物に柄物を合わせる、「柄on柄」と呼ばれるものがあります。今季はチェック柄やアニマル柄も流行していますが、柄物のトップスにさらに柄物のボトムスを合わせるような着こなしがおしゃれだといわれているのです。

ジオメトリック柄の流行もこのタッキースタイルに端を発したもの。今年らしいタッキースタイルを完成させるには、ジオメトリック柄をコーディネートのどこかに取り入れるのがマストです! 柄on柄のような難易度の高いコーディネートではなくても、一気に今年らしさのある旬な着こなしが完成します。

・ジオメトリック柄もスカートなら取り入れやすい!

ジオメトリック柄のイメージ

ジオメトリック柄のアイテムは、カラーにもよりますがパターンが派手で、とても目を惹くものが多いです。とても印象深いので、着慣れない人にとっては普段のコーディネートに取り入れるのが難しいと感じてしまうかもしれません。

ジオメトリック柄に初めてトライしたい、という方におすすめのアイテムは、スカートです。今年もミディアムからロング丈が流行していますが、長めの丈のジオメトリック柄スカートは存在感抜群。それでいてトップスをシンプルなものにすれば洗練されたコーディネートが完成するので、普段大ぶりのパターンを身に着けないという方でも挑戦しやすいのです。

中でも、モノトーンのジオメトリック柄は特に色々なトップスに合わせやすく、初心者の方にもおすすめ。都会的でクールな大人の女性らしいスタイルにぴったりです。

・ノスタルジックなイメージのアイテムと合わせて

この冬のトレンドは、どこかノスタルジックな印象のアイテムが多いです。ジオメトリック柄はノスタルジックからは程遠いような印象がありますが、だからこそ合わせてみるとお互いを引き立てるコーディネートに。例えばフリンジも今季の流行ですが、ジオメトリック柄とフリンジの組み合わせはまさに今年らしい旬なスタイルです。

全体的にジオメトリックパターンが使われているアイテムは合わせにくいときもありますが、フリンジになっている部分だけがジオメトリック柄になっているようなスカートやストール、ポンチョなどはトライしやすいはず。「タッキースタイル」も意識して、意外性のある組み合わせを楽しんでみてください。

・1枚でコーディネートが決まるワンピースは使い勝手良し!

129-2

ジオメトリック柄のスカートやブラウス、パンツなどもいいですが、合わせるアイテムに悩んでしまう……そんなときには、1枚でさらりと着られるワンピースもおすすめです! 

ワンピースなら派手なパターンでもうるさくなりすぎませんし、冬はアウターも羽織るので、柄物を着慣れていない人でも大丈夫。簡単にスタイルが完成するのでお手軽です。

ワンピースなら、モノトーンのように使いやすいカラーのジオメトリック柄ではなく、色々なカラーが使われた鮮やかなものにもトライしやすいですよね。ノスタルジックなアイテムや異国情緒を感じられるエスニックなニュアンスも流行の兆しがある今季は、ベイクドカラーとも呼ばれるくすんだ色合いがトレンドです。

マスタードのようなイエローやくすんだピンク、深いグリーン、濃いベージュなど、いかにも秋冬らしい流行のカラーを取り入れたジオメトリック柄も、ワンピースなら取り入れやすいですよね。簡単に、それでいてとてもこなれて見えるおすすめコーディネートです。

・オーバーサイズのアウターやトップスと合わせて個性的な柄をチラ見せ

ジオメトリック柄のコーディネート例

動きやすさとかわいさを両立できるオーバーサイズのアウターやトップスは、忙しいママにとっての強い味方ですよね。今季もオーバーサイズのトップスは変わらずトレンドアイテム。ジオメトリック柄にも合わせていきましょう!

例えば、タイトなジオメトリック柄のスカートとオーバーサイズのニットやスウェットなどの相性は抜群。もちろんウエストインしてハイウエストで着こなすのも良いですし、オーバーサイズだからこそのルーズなシルエットをそのままに、裾からジオメトリック柄のボトムスをチラ見せする……なんてテクニックにもおすすめです。

あなたにオススメの記事

ファッションテーマ : 【コーディネート】その他の記事

コーディネート
もっと見る