注目のキーワード

注目のキーワード
コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

ユニクロで女性が買うべき服はメンズアイテムに隠されていた!?

ファッション

2019.08.25

現在、国内外に約2000店舗を構える「ユニクロ」。手頃な価格と豊富な品揃えに、ハマっている人も多いのではないでしょうか。そこで今回は、夏にピッタリなユニクロコーディネートを紹介していきます。

 

夏のトレンドカラーはブラウン!


7月29日の『ビビット』(TBS系)では、“高そうに見える夏のユニクロコーデ”を特集。ユニクロを知り尽くしたファッションエディターの伊藤真知さんが、オシャレに見せるコツを伝授していました。

 

まずは、夏にピッタリな“カラー”から選んでいきます。「今年は断然ブラウン」と語る伊藤さん。ブラウンなどの「ベーシックカラー」は高見えカラーの代表格らしく、今年の“春・夏トレンドカラー”にもなっているようです。

 

ユニクロの数ある“ブラウンアイテム”の中で、伊藤さんのいち押しは「ギャザーロングスカート」。柔らかく軽やかなうえ、光沢のあるサテン生地で高級感を演出できます。同アイテムのオシャレ度をよりアップさせるには、ブルーのトップスがおすすめ。最も旬度が高い組み合わせで、大人の雰囲気を醸し出しましょう。

 

次に注目すべきは、ノースリーブTシャツの「マーセライズコットン」。マーセライズとは、“綿素材の毛羽立ちを抑えて光沢を出す加工”のこと。まるでシルクのような光沢がある素材は、カラーも豊富で着回し抜群です。例えば白いノースリーブにブラウンのスカートを合わせれば、リゾート風に。黒の場合は、メリハリがきいた高見えコーデになりますよ。

 

コスパ抜群のメンズシャツ!


同番組では、最も高見えするアイテムをピックアップ。伊藤さんがひと目惚れしたという商品は、なんとメンズアイテムの「ウォッシュワークシャツ」でした。生地とボタンの色が同じ同商品。色数を増やさないことで、高級感がグッとアップするそうです。流行のビッグシルエットでトレンド感も出るため、女性が着ても違和感がありません。長袖が気になる方は、襟元と袖口をラフに折ってメンズライクに仕上げてみましょう。

 

オシャレや高見えコーデも大事ですが、主婦の中には「小柄に見られたくない」「細く見えるコーディネートがしたい」といった声も上がっていました。そこで伊藤さんがセレクトしたのは、ロング丈の“ワンピース”。アイラインの「コットンスリットロングワンピース」に加え、キャップやサコッシュといった小物アイテムを使うことで“縦長効果が抜群になる”といいます。“柄もの”の「プリントシャーリングロングワンピース」にブラウンのカーディガンを肩掛けすれば、ほっそりとした見た目に。悩みを抱える主婦たちも、伊藤さんのコーディネートに大満足の様子でした。

 

視聴者からは、「さっそく買って試したい!」「メンズシャツは旦那と一緒に着回せるし、コスパも良いね」「ボタンの色なんて気にしたことなかった」などの声が続出。高く見えるだけでなく、コスパも良いユニクロコーデに感動したようです。

 

服装に自信がない人は7割以上!


ユニクロコーデを紹介してきましたが、世の女性はどのような点を重視して洋服を購入しているのでしょうか? 通販サイト「ベルメゾン」などを手掛ける株式会社千趣会は、以前「ファッションに対する意識調査」を実施。

 

20~60代の女性4425名に“洋服を購入する時に最も重視する項目”をたずねたところ、全体の73.4%の人が「価格」と回答しています。次いで「デザインやシルエット(60.7%)」「着心地の良さ(26.0%)」の順でランクイン。

 

“パンツを購入する際の予算”について見ていくと、最も多かった値段は「3000~5000円未満」で35.1%でした。「2000~3000円未満」と答えた人も25.9%にのぼり、76%の女性が予算を「5000円未満」としています。洋服にかける予算とユニクロのコスパが、うまくマッチしているのかもしれませんね。

 

夏の服装に迷った時は、伊藤さんのおすすめするユニクロコーデを参考にしてみてはいかがでしょうか?

 

文/内田裕子

あなたにオススメの記事

ファッションテーマ : 【コーディネート】その他の記事

コーディネート
もっと見る