コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

「娘が迎えに来てって」子どもを理由にしすぎる迷惑ママ社員が恥ずかしい!!

コミュニケーション

2019.03.22

働くママには「子どもが理由」で、急に早退したり休んだりしなければならないときがしばしばあります。育児しながら働きやすい環境を作るため、社会的にも認められる方向になってきています。とはいえ、「子どもを理由にしすぎる」ママ社員に困っている人も。「同じママとして恥ずかしい!」と言われる〝迷惑なママ社員〟とは、いったいどんな人?

 

子どもを言い訳にしないで!(かよさん/40/営業)

私の部署は、週末に誰かがひとりが出勤するのが決まりです。そのため、毎月「来月はどの週末に出勤できるか」という、シフトの希望を提出することになっています。

例えば「第2土曜日が足りません」と上司がスタッフ全体に投げかけると、「じゃ、私が」「月末は出勤できないので、その週は出ます」とみんなで話し合い。融通をきかせあっていますが…ある2児のママ社員だけは、まったく協力してくれないんです。

先日の週末は、近所の神社で大きなお祭りがありました。ママたちはみんな、子どもと一緒に出かけたくて休みを希望していたので、出勤の人が足りません。仕方なく「ここはじゃんけんで決めよう」という話になったのですが、例のママは「子どもたちが楽しみしてるから、私は絶対に無理だわ~」と宣言し、じゃんけんに参加すらしませんでした。

shutterstock_523007443

ほかにも「動物園に行く約束をしたから」「映画の前売り券を買っちゃったから」と週末の出勤を渋り、決めゼリフは「子どもにキャンセルなんて、私からは言えない…」と〝子どもを悲しませたくない〟ことを言い訳に。ここまで言われると、無理やり押しつけることもできませんよね…。

誰だって家族との時間は大事、やりくりしながら仕事と両立させています。「ママだから仕方ない」と、自分だけを特別だと思うのは勘弁してほしいです。

定時までは働いてください(かなこさん/34/事務)


私の職場に、定時になった瞬間にダッシュで帰るママがいます。「1秒でも早くお迎えに行ってあげたくて」というのが理由だそう。それは別にいいのですが、問題は定時間際の行動なんです。

定時ぴったりに退室できるよう、チャイムが鳴る15分前になるとデスク周りのお片づけ開始。その時間を過ぎると、外線電話は絶対にとりません。そのため同僚が対応するのですが、彼女あての電話を取り次ごうとしても、「明日かけ直すって言って!」と受けようとしません。

shutterstock_455907736

「急ぎみたいなんですが…」と言っても、「そしたら内容を聞いてメモに残しておいて」と頼んでくることも。せっせと用件をメモしながら「なんで私が?」と納得できません。

「時短勤務にしたらどうですか?」と皮肉も込めて尋ねたことがありますが、「それだとお給料がけっこう減っちゃうのよねー」だそうで…せめて時間内はしっかりと働いてくださいよ。

 あなたの半休、本当に迷惑です(あやのさん/44/販売)

3の息子を育てながら、ペットショップで働いています。ある日、別の店舗からママ社員が異動してきました。「娘は4歳ですが、母と同居しているので、バリバリ働けます!」と、頼もしく宣言。朝9時から夕方5時まで、フルで働くとのことでした。

「小さい子がいるのに、がんばるなぁ」と思っていましたが、いざ働き出すとまったくの予想外。宣言通りフルで働くのは、週に12回ほど。残りの日は「いつもは母だけど、たまには私がお弁当を作ってあげたくて」「明日はママが迎えに来て欲しい、って娘に言われちゃって」などと理由をつけて、ほぼ半休続きです。

shutterstock_1305063637

店長は「仕方ないなぁ」と了承するのですが、実際しわ寄せは私にやって来るんですよ?! 彼女のデスクワークもこなしながら混雑したレジをさばき、やっとピークが去った頃「おはようございまーす」と、何食わぬ顔で出社するんですが…そろそろ我慢も限界。店長に相談するつもりです。


与えられた権利を行使するのは決して間違ってはいませんが、最低限の義務は果たしたうえで周りへの配慮も忘れずにいたいもの。働くママ自身も自覚を持って「これだからママ社員は…」などと言われることのないよう、努力したいものですね。

shutterstock_180026207 (1)

ライター:楠 ゆず
娘と夫、茶トラの猫の3人+1匹で暮らすフリーライター。思い切ってマンションを購入し、ローンパラダイスへ突入中。幼児教育にハマってしまい、興味をもった教材は手に入れないと気が済まない。おかげで家には教材の山が…。断捨離欲と収集欲の葛藤に悩む日々です。

あなたにオススメの記事

コミュニケーションテーマ : 【職場】その他の記事

職場
もっと見る