コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

脱マウンティング!人間関係の嫌なやり取りから抜け出す方法

コミュニケーション

2018.11.05

work201811
ふと気づくと人間関係の嫌なやり取りや、面倒ごとの中に巻き込まれていた!そんな経験はないでしょうか?特に女性が多い職場などでは、そんな目に遭ってしまうことも珍しくはありません。

また、特に面倒ごとは起っていなかったとしても、嫌な気分にいつもさせられる状況にあったり、話題が辛いと感じる人もいたりと、人間関係に関する悩みはなかなかつきませんよね。

今回は、なんだか面倒な気分にさせられる人間関係を、どのようにして抜け出せば良いのか、その方法をご紹介します。

 

人間関係の嫌なやり取りはどうして起こる?


まずは、なぜ人間関係の嫌なやり取りが起こるのか、そのシチュエーションを考えてみましょう。人との面倒なやり取りには、パターンがあります。そのパターンを知っておくと、対処もしやすいはずです。自分の身の周りで、このような場面がないかを考えながら、みていきましょう。

 

|他人の悪口に乗ってしまうと面倒が起こりやすい

よく観察してみると、常に他人の悪口ばかり言っている人っていますよね。他人の悪口は誰でも言います。他人に困らされたり不快な気分にさせられたりしたら、親しい人ぐらいには吐き出したくなるのが人間です。

 

しかし、その度を超えて、いつも誰彼構わず悪口を吐き出している人っていないでしょうか?そこまではいかなくても、信頼関係のある親しい間柄というわけでもないのに、あなたに他人の悪口を振って来る人もいるでしょう。その場を収めようと、そんな悪口にちょっとでも乗ってしまうと最後。あなたもそう感じているのだと思われて、どんどん悪口はひどくなるばかり。それだけではなく、気がつくと周囲にもあなたが悪口を言っているように思われてしまいます。

 

こんな面倒な状況に陥ったこと、ワーキングママなら思い当たることがあるのではないでしょうか?こんな状況は、可能な限り避けたいところですよね。

 

ちなみにもちろん、あなたが積極的に他人の悪口を言っている場合も、同じような状況に陥って行きます。しかもその悪口に乗ってくれる人がいるなら、周囲も巻き込んで嫌な雰囲気にさせてしまうかもしれません。

 

|マウンティングをしたい人は意外と多い

マウンティングとは、「人より優位に立つための発言や態度」のことです。会話中でも自分が相手よりも優位であることを示そうとして、暗に色んなことを言ってきます。

 

例えば、職場なら「どちらの方が仕事ができるのか」ということから、「どちらの方が上司に好かれているか」「どちらの方が男性社員から人気があるか」なんて下らないことまで、マウンティングをしてくる人のテーマになることもあります。

 

マウンティングをしてくる人は、暗にあなたのことを落とすような発言をしてくるので、とても不快なはず。たとえあなたが、相手がマウンティングをしてきていることに気づかなくても、そのオーラは感じ取ってしまうので、「なんだか話していて不快だ」と思うことでしょう。そして残念なことに、マウンティングをしたい人は意外と多く、人間関係の嫌なやり取りの種になりやすいのです。

 

|気づいたら負のオーラを受け続けていることも

最後はちょっと説明しづらい「負のオーラ」についてです。周囲にいつも人のことを気遣っているような発言をしたり、なんとなく話していると重たい気分になったりする人はいないでしょうか?

 

これはその人が負のオーラを出し続けているからかもしれません。こういう人は「あの人は良い人なんだけど・・・」と言いながら相手を落とすようなことを言ったり、常に物事の捉え方がマイナスだったりします。少しの間一緒に過ごすだけなら問題なくても、いつも話していると嫌な気分になっていくのが、このタイプです。あなたの周りにも思い当たる人がいるのではないでしょうか?

 

人間関係の嫌なやり取りから抜け出す方法3つ!


ここまで人間関係の嫌なやり取りが起こりやすいパターンをご紹介しましたが、そのような状況から抜け出すにはどうすれば良いのでしょうか?その方法を3つに絞ってご紹介します。

 

|他人の悪口は絶対に言わない・乗らないこと

人間関係の嫌なやり取りから抜け出すための鉄則として、他人の悪口を言ったり、他人の悪口に乗ったりしないことを心がけましょう。悪口は言うのも聞くのも、あなたの心を蝕みます。そのため、なんだか嫌な気分になるのです。

 

あなたも人間なので、言いたいことがあるときもあるでしょう。吐き出したい時は、本当に信頼のおける相手で、悪口・愚痴の対象となる相手とは関係性がない人を選ぶと、後々面倒なことにはなりません。

 

|人より優位に立ちたい人のことは放っておく

前述で「マウンティング」についてご説明しましたが、この問題に対処するには、人より優位に立ちたい人のことは放っておくことです。勝手にいくらでも、あなたのことを見下させてあげましょう。マウンティング行為にイラつくということは、あなたの中にも相手より優位に立ちたい気持ちが少しでもあるということにもなります。だからこそ、反論したくなることもあるかもしれません。

 

しかし、本当に賢い方法は、放置しておくことです。あなたはあなた。あなたの価値はあなたが知っていればいいのです。相手がどう思っていようと、それは相手の問題でしかないことを忘れないでください。

 

|いつも一緒にいて楽しい人となるべく行動する

人間関係の嫌なやり取りから抜け出す最善の方法は、一緒にいて楽しい人と行動を共にすることです。人間関係は選べない部分もありますが、じっくりと話をする相手は選べるはず。

 

楽しい人と行動を共にしていれば、あなたの心も晴れていきますし、明るい気持ちで過ごせます。嫌なやり取りに巻き込んで来る人が何をしても、あまり気にならなくなりますし、スルーもできるようになるでしょう。

 

 

まとめ


今回は人間関係の嫌なやり取りについてご紹介しましたが、思い当たるような状況もあったのではないでしょうか?人間関係において重要なのは、あなたがなるべく明るい気持ちでいられるかどうかということ。そこに集中していれば、あなたが取るべき行動や選ぶべき相手が見えてくるはずです。

 

嫌な気分にさせられる相手とはなるべく距離を取って、さっぱりとした明るい人間関係を築けるといいですね。

 

文/久木田みすづ

あなたにオススメの記事

コミュニケーションテーマ : 【職場】その他の記事

職場
もっと見る