コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

不機嫌を撒き散らす人に対応しなくていい超納得の理由

コミュニケーション

2021.09.26

sensai_ちっ_サムネ

書類を机に投げつけて「チッ!」と舌打ち。

 

あきらかに気づいてほしそうに「はぁ〜」と大げさなため息。

 

不機嫌なオーラを撒き散らしている人を見ると、「えっ…、私が何かしたのかな?」「どうしよう、声をかけるべき?」と、繊細なあなたは考えてしまうかもしれません。

 

でもそれはとても危険なことだと、心理カウンセラーの五百田達成(いおたたつなり)さんは言います。

 

不機嫌を露骨に態度に出す人の心理と対処法を、『繊細な人 鈍感な人』が好評の五百田さんに教えてもらいました。

かまってほしい・ビビってほしい人たち

このタイプの人は、自分の気持ちをコントロールすることができない人。

 

さらに、不機嫌をアピールすることで「どうしたんですか?」とかまってほしい、「怖い…」とビビってほしいという心理も見て取れます。

 

ここでフォローに入ってしまっては、まったくもって相手の思うツボ。心優しいあなたは、八つ当たりをする格好の餌食となってしまいます。

不機嫌を撒き散らす人からはとにかく避難

こうした相手を見たときは、自然災害に出くわしたと考えましょう。

 

嵐、地震、台風、火山…こうした災害は、どう間違ってもあなたのせいではありませんし、あなたにはどうすることもできません。

 

たとえば火山が噴火したとき、「火山の噴火を止めなくちゃ」とは思いませんよね?恐れずに立ち向かったところで、火傷をして大ケガ!命の危険さえあるわけです。

 

こんなときあなたが取るべき行動は、逃げることだけ。

 

相手はただ騒ぎたい、暴れたいだけなので、もしあなたが「大丈夫ですか?」と近づいていったときには、「どうもしないよ!」とイライラした感情をぶつけられて、嫌な思いをするのが目に見えています。

 

こうした状況に居合わせてしまったら、「あっ災害だ!」と思って、すぐに席をはずすのが正解です。

sensai_ちっ

それができない状況なら、せめて目を合わさない、聞こえないふりをして、噴火が落ち着くまで静かに待ちましょう。

 

間違っても「怖いもの見たさ」で近づかないようにしてください。危ないですからね。

監修/五百田達成(いおたたつなり) 取材・文/上野真依 イラスト/りゃんよ

あなたにオススメの記事

コミュニケーションテーマ : 【職場】その他の記事

職場
もっと見る