コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

「本心が顔に出るからお世辞が言えない…」と強情な人の大きな勘違い

コミュニケーション

2020.06.14

お世辞を言われるのが苦手な人も!

「お世辞を言うのは苦手」という人がいる一方で、「お世辞を言われるのが苦手」という人も。ネット上では「疑り深い性格だからなのかもしれないけど、何か褒められたら『どうせ本心ではそんなこと思ってないんでしょ』って考えちゃう」「明らかに見え透いたお世辞だと、どう反応していいか困る。一応愛想笑いで返してるけど、気まずいからやめてほしい」といった声が上がっていました。

 

思わず相手の発言の“裏”を探ってしまう人が多いようですが、世の社会人たちからは「褒められたら素直に『ありがとう』って言えばいいと思う」「ひょっとしたらお世辞じゃないかもしれないし、本心かどうかなんて気にしてたら疲れちゃうよ!」などのアドバイスが。

 

社会人にとっては、“お世辞”も大事なコミュニケーションの一環。言うにしろ言われるにしろ、上手につき合っていけるといいですね。

 

関連記事:ママ友の子どもを褒めたら〝過剰な謙遜返し〟にモヤモヤが止まりません!

 

文/長谷部ひとみ

参照/エン・ジャパン株式会社「『エン転職』ユーザーアンケート調査」https://corp.en-japan.com/newsrelease/2018/14502.html

3 / 3 ページ

あなたにオススメの記事

コミュニケーションテーマ : 【職場】その他の記事

職場
もっと見る