注目のキーワード

注目のキーワード
コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

夫の地位は自分の地位!?重役夫人の上から目線に「恥ずかしくないのかな」

コミュニケーション

2019.12.21

夫婦生活を送っていると、パートナーの会社が開催するイベントに参加する機会があるかもしれません。そんなときつい気になってしまうのは人間関係で、「重役の夫を持つ女性」の振る舞いが気になる人も多いようです。

職場の集まりだけでなくママ友にも!

夫の職場が主催する集まりに参加したという女性は、1人の人物が“上から目線”で奥様方をまとめて仕切っていたといいます。重役職の夫を持っている人だとはいえ、あくまで主宰者は別の人。周囲も不快そうな表情を浮かべるほどで、女性は相手の印象について「『夫の地位が自分の地位』と語っているみたい」と表現しました。

 

そんな体験談に共感を覚えた人から反応が相次ぎ、「ときどき勘違いしてる女性がいますよね。凄いのは旦那様であってあなたではないと言いたくなっちゃう」「端から見たらみっともない。恥ずかしくないのかな」「自分に自信が持てないから誰かの地位が必要なんだろうね」といった厳しい意見が寄せられています。

 

またイベントに限らず、“社宅”や“ママ友の集まり”で同じ経験をした人からの声も続出。「社宅に住んでるけど顔を合わせるたびに私の主人は~、主人の仕事は~、主人の実家は~って話す人がいますよ。心の中で『あなたの頑張りじゃないですよね』と思ってるけど」「私のママ友にも夫の地位と子供の学歴ばかり自慢する人がいる。自慢したいのはわかるけど何度も聞かされててウンザリ」というコメントが。さらに身内である姉が夫自慢を繰り返すというケースも見られました。

 

“招かれる立場”なら波風は立たせるべきではない?

“夫の役職を振りかざす女性”への不快感を示す声が相次いだ今回のエピソード。中には「夫の仕事に影響が出るかもと不安になって注意できない」「やっぱりその場の空気に合わせるしかないのかな。それが辛くて正直顔を出したくないんだよね」といった悩みを抱えている人も多いようです。

 

一方で「冷静に考えた方がいい」と促す人がいるのも事実。「自慢できるような相手と一緒になったのは事実だから、態度に出てしまうのもわかる気はするな」「気にしすぎだと思う。1つひとつ相手の言動を気にしていたらキリがないよ」「夫婦は合わせ鏡ですから。夫が偉くなるために支えとなる努力を続けてきたのかも」と理解を示す人も少なくありません。

 

また夫の会社が主催するイベントに招かれた場合、「相手が上司の妻なら立てるべき」という考え方もチラホラ。寄せられたアドバイスをピックアップすると、「自分の旦那のことを考えたら、頭を下げておいたほうがいいかなとは思う」「不快に感じても波風は立たせるべきじゃないですよ。旦那様の評価につながってしまいます」などのコメントが並んでいました。

 

“自分が応援するとブレイクする”自慢をバッサリ!

人と話す際につい自慢をしてしまい、相手を不快な気持ちにさせてしまったという経験はありませんか? それが「自分の実力だ」という“勘違い”とあっては恥ずかしいですよね。例えば以前放送された『自慢したい人がいます ~拝啓 ひねくれ3様~』(テレビ東京系)では、番組に寄せられた“よくある自慢話”を出演者の山里亮太さんがピシャリとたしなめて話題を集めました。

 

山里さんは「自分が応援すると1年以内にブレイクする」と自慢する視聴者の投稿に対し、同じような考えの人が沢山いるからブレイクすると説明。「『あのコンビ面白いな』『きっと私しか気づいてないけど面白いな』って言う人が山ほど揃ってからブレイクだから。(その中の)何分の1よ」と解説して、共演者を頷かせています。

 

自分を飾りすぎるような態度で相手を不快にさせていないか、十分注意したいですね。

 

文/長谷部ひとみ

あなたにオススメの記事

コミュニケーションテーマ : 【職場】その他の記事

職場
もっと見る