コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

「辞めたら会社が回らない…」自己評価が高過ぎる上司の代わりは大抵いる

コミュニケーション

2019.10.10

「俺が辞めたら会社が回らなくなる」と口にする人っていますよね。実際に回らなくなるかどうかはさておき、傲慢な態度にイラッとしてしまう人は多いよう。一体どのように対応すればいいのでしょうか?

 

自己評価が高いだけのセリフにウンザリ!


Aさんは上司の愚痴を聞きながら、傲慢な発言の数々にお怒り中。特にイラッとしたのは「俺が会社を辞めちゃったら仕事が回らなくなる」という発言だそうで、「自己評価が高すぎる上司にウンザリ。うっかり『そんなに仕事デキないじゃないですか』と言ってしまいそうになりました」と不満を明かしています。

 

ネット上ではAさん同様、「会社の評価と自己評価がズレた発言」に困っている人が多く見られました。

「いつも辞めたいと言ってる同僚。なぜ辞めないのか聞いたら、『辞めたら会社が回らなくなる』と答えた。代わりの人はいくらでもいるのに勘違いしてる」「アルバイトの人が、『僕がいなくちゃ職場は回らない』と吹聴してます。辞められてもあまり影響はないけど…」などの声が。

 

こういった人たちに対しては、「自己評価が高いだけで責任感に結びついてないことがほとんど。放っておくしかないよ」「『自分が辞めたら会社が回らない』っていう人は仕事を共有しないし、マニュアルも作らず他の人に教えない。本当に『自分がいないと回らない』状態を作られる前に、仕事を教えるよう指摘しなきゃ」といったアドバイスも寄せられました。

 

ネガティブな発言を繰り返す「自己評価が低すぎる人」


「自分が辞めたら会社が回らない」という発言の他にも、“自己評価が高すぎるセリフ”は多数存在するようです。「ミスの多さを指摘すると『〇〇さんよりマシ』と他人を持ち出す。どう見ても同じだよ…」「部下は仕事がデキるアピールがすごい。『管理職並みの仕事量をこなしてる』と言っているみたいだけど、最後までやりきった試しがない」「注意しても『今回は失敗しただけ』と言う部下は、もはやどう対応すればいいのかわからない」といった声も少なくありません。

 

しかし一方で、自己評価が低すぎる発言も問題視されています。「同僚は仕事がデキるのに『私には無理』と口にする。そこまで言ったらさすがに卑屈っぽい」「『自分が辞めたら会社が回らない』って発言もイラッとするけど、逆に『俺なんかが辞めたところで会社には何の影響もない』と言う人もどうかと思う」「部下を褒めただけなのに、自己否定の言葉が次々出てくる。自分の評価が低すぎるのも困りものだね」などのエピソードも。自己評価が低い発言を投げかけられると、居心地の悪さを感じる人がほとんどでした。

 

評価者と被評価者の間には認識のズレが…


自己評価と実際の評価とのすれ違いは、どのようにして起きるのでしょうか? 派遣業務などを行うアデコ株式会社は、以前「働く人の『人事評価制度』に関する意識調査」を実施。「人事評価制度に満足していますか?」と質問したところ、「どちらかというと不満」「不満」と答えた人は62.3%を占めています。

 

「人事評価制度に不満を感じる理由を教えてください」と聞くと、1番多かったのは62.8%の人が回答した「評価基準が不明確」でした。2位は「評価者の価値観や経験によってばらつきが出て、不公平だと感じる(45.2%)」、3位には「評価結果のフィードバックや説明が不十分、または仕組みがない(28.1%)」がランクイン。

 

同調査では評価者に対しても、「自分が適切に評価を行えていると思いますか?」とたずねています。「そう思う」「どちらかというとそう思う」との回答は合計77.8%にものぼり、評価に不満を覚えている人の割合を大きく上回りました。

 

会社の評価と自己評価にズレを感じる人は多いよう。しかし傲慢な振る舞いはイラッとされがちなので、謙虚に振る舞いたいものですね。

 

文/古山翔

あなたにオススメの記事

コミュニケーションテーマ : 【職場】その他の記事

職場
もっと見る