コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

記憶に残る職場でのお酒の苦労と失態談「酒癖の悪い部下が…」

コミュニケーション

2020.12.04

お酒の勢いで手を出した人も!


飲み会を定期的に開催する会社もあれば、上司や部下に誘われて飲みに行く場合もありますよね。どのくらいの頻度で参加する人が多いのか、第一三共ヘルスケア株式会社が以前行った「仕事と飲み会」に関するアンケート調査を見ていきましょう。

 

20代~40代の男性有職者1510名に「上司・同僚・部下との飲み会の回数」をたずねると、どの年代も「数カ月に1回」が最も多いという結果に。会社の人とはそこまで頻繁に飲まないことがわかりました。

 

また同調査では、「飲み会中・飲み会後のトラブル」についても質問。すべての年代で最多の回答だったのは「電車・バスなどの乗り過ごし」でした。ほかにも、「お酒をこぼしたり、嘔吐によって衣服を汚した」「財布や携帯、家の鍵など大事なものをなくした」「翌日の仕事に寝坊した」などがランクイン。お酒での失敗談があがる中、「飲みの場で説教をしてしまった」「お酒の勢いで手を出してしまった」といった酒癖の悪さによるトラブルも寄せられています。

 

そこで“飲み会前の対処法”を聞いたところ、「滋養強壮ドリンクを飲む」といった回答が1位に。各年代で約2割ほどを占め、酔わないために「ウコンドリンク」などを飲む人が多く見られました。

 

現在はコロナ禍で飲み会の頻度は少なくなっているものの、くれぐれお酒には溺れないように気を付けたいものですね。

 

関連記事:

「とりあえず乾杯はビールで」飲み会の暗黙のルール、まだ続けるの!?

例え会社飲み会でも「仕事の話をしないで」と願う今どき部下たちの本音

 

文/古山翔

2 / 2 ページ
あなたにオススメの記事

コミュニケーションテーマ : 【職場】その他の記事

職場
もっと見る