コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

色が濃いだけで厚化粧!?ベージュの口紅に気づかない男の力量

コミュニケーション

2019.09.17

男性と女性では、考え方や価値観が違って当たり前。しかし中には「その考え方ってどうなの?」と思うものも多々ありますよね。ネット上では“女性が考える厚化粧”と、“男性の考える厚化粧”の違いが話題になっていました。

 

男性は“ベージュの口紅”に気づかない!?


話題の発端は、ある女性の“男性の言う厚化粧ってなんか違う”という指摘。「私たちにとっては“厚く重ねて作り込んだメイク”のことだけど、男性は“濃い色を使ったメイク”を厚化粧だと思ってる」「どんなに重ねたメイクでも薄い色だったら薄化粧。ノーファンデでも濃い色の口紅をつけたら化粧濃いって判断するよね」と不満をあらわにしています。

 

女性の意見を受けて、ネット上では共感の声が続出。「ベースメイクだけで6種類も重ねているのに、色合いが薄かっただけで“すっぴん”だと言われた」「口紅がベージュ色だと、メイクしてることに気づいてもらえない」「なんとなく濃い色のアイシャドウを使ったら、夫から“厚化粧”だと言われた。それ以外は何も変えてないんだけどな」「結局口紅の色合いで、メイクの濃さを判断されてる気がする。色の濃淡だけじゃなくて、質感とかも結構こだわってるのに」といった声が。

 

一方男性からは、「化粧の知識がない僕たちにはわかりません…」「メイクの色合いに注目したことってないかも。意外と奥が深いんだな」「『ナチュラルメイク』って『ほんの少ししか化粧しないこと』だと勘違いしてた」などの声が寄せられました。

 

メイクにかかった工程がわからないのは当然?


メイクの他にも、男性に気づいてもらえないポイントってありますよね。特に外見に関しては、「髪を切ったのに気づかない夫。普段私のどこを見てるんだろう」「新しいパンプスを履いても、気づいてくれるのは女性の同僚ばかり。男性陣は全く気づかない」「ダイエットして4kgの減量に成功。ウエストもかなり変わっているはずなのに、夫は気づいてくれず…」といった不満が相次いでいます。

 

外見に無頓着な男性に否定的な人は多いようですが、中には男性を擁護する意見も。「手間がかかってるかどうかなんて気づけなくて当然。パッと見て派手なら厚化粧、地味なら薄いと感じるのは直感」「メイクやスタイルだけじゃなくて、料理にも言えることかも。完成したものが全てで、どうやって作ったかはわからないし」などの声が上がっていました。

 

15分以下で化粧する人が多い!


メイクに関してはこんな面白いデータも。auコマース&ライフ株式会社は以前、「女性のメイクの悩みやこだわり」についてアンケートを実施。同調査によると「すっぴんと化粧した時で別人」と言われたことがある人は、およそ10人に1人と判明しています。

 

さらに“メイクにどれくらい時間をかけてますか?”と質問したところ、もっとも多かったのは56.1%の人が回答した「5~15分」。「15~30分」かけている人が28.4%、「5分以下」という人は10.8%いました。中には4.6%と少数ながら、「30分~1時間」と入念にメイクをする人もいるようです。

 

メイクでカバーしたい箇所も人それぞれ。“1つしかメイクできないとしたらどこをやりますか?”と投げかけると、33.4%の女性は「眉」をあげています。次いで2位は28.5%の人が選んだ「肌」、3位には18.0%の割合で「口紅」がランクイン。“化粧で解消したい気になる悩み”については、「肌のシミ・そばかすなど(71.5%)」、「眉毛がない・少ない(32.7%)」などが寄せられました。

 

気になる部位をカバーするため、メイクにこだわる女性は多いようす。周囲の人がメイクを正しく理解してくれるといいですね。

 

文/長谷部ひとみ

あなたにオススメの記事

コミュニケーションテーマ : 【職場】その他の記事

職場
もっと見る