注目のキーワード

注目のキーワード
コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

伝わる嫉妬心に内心ヒヤヒヤ……職場に婚活中の女性がいるときの接し方

コミュニケーション

2019.08.21

年齢も性格もさまざまな人が集まる職場では、必ずと言っていいほど人間関係の悩みが出てきますよね。
そして、結婚をして子育てしながら働くワーキングマザーとトラブルになりやすいのが独身女性。その中でも特に、婚活中の女性から「私がこんなに必死で婚活しているのに、家庭を持っているあの人は幸せそうな上に残業もしないでずるい!」とひがまれてしまうこともあるでしょう。
男性に比べ、女性は嫉妬しやすい生き物です。そんな嫉妬心むき出しの困った婚活女性と出会ってしまったら一体どうすればいいのでしょうか。彼女たちと上手に付き合っていくためのヒントをまとめました。

■ワーキングマザーVS婚活女性

ワーキングマザーと婚活女性の大きなちがいの一つとしては、子どもの有無が挙げられます。もちろん子どもの人数や年齢によっても状況は変わってきますが、一番トラブルになりやすいのは両者の働き方による感情のもつれです。
結婚をして仕事と子育てを両立するとなると、独身時代と同じ働き方をすることが難しくなる場合がほとんどです。そこで、産休・育休や時短勤務の制度を利用したことで、独身である婚活女性に仕事のしわ寄せがくることがあります。
子どものいない婚活女性からすれば、ワーキングマザーとしての苦悩や大変さはまったく理解することができず、単純に「ずるい」「うらやましい」「憎い」という嫉妬心が芽生えてしまうのです。

 

 

■30代未婚の割合って?

そもそも未婚の女性は全体でどのくらいいるのでしょうか。
2015年の国勢調査の結果によると、未婚女性の割合は30~34歳で34.6%、35~39歳で23.9%となっています。つまり、30代の3~4人に1人は独身ということです。
20代ではそれなりに恋愛や仕事を楽しみながら過ごしてきたけど、30歳を迎えた途端、「私、このままで1人でいていいのかな……?」と不安になる女性は少なくありません。そして、本格的に婚活をスタートさせるわけですが、運命の相手はそう簡単に見つからないのが現実。
さらに、年齢を重ねれば重ねるほどその確率は下がっていくので、長く婚活をしている女性が職場に1人や2人いることは今や珍しいことではないと言えるでしょう。

■婚活女性は日々ストレスを感じている!?

「婚活疲れ」という言葉があるように、なかなか良いと思える人と巡り会えない、相手から否定されたときに自分に自信を無くしてしまう、結婚相談所や婚活サイトにかかるお金がばかにならないなど、婚活にはさまざまなストレスがつきものです。また、結婚自体はいくつになってもできますが、出産を望んでいる女性にとっては、そのタイムリミットが近づくほどより強い焦りを感じてしまいます。
人が嫉妬するのは、他人と比較して自分のほうが劣っていると感じたときです。婚活がうまくいかずモヤモヤする状況の中、結婚して子どももいて幸せそうな女性が近くにいれば、うらやましいと思ってしまうのはある意味自然なことなのかもしれませんね。

■既婚女性のNG行動

「職場にいる婚活中の女性の嫉妬がすごくて困る!」と嘆いていても、もしかしたら自らその原因を作ってしまっていることがあるかもしれません。婚活中の女性を前にこんなことをしていたら要注意です。

・結婚の良さをアピールする
・子どもの話をする
・パートナーののろけ話をする
・独身であることをうらやましがる

いかがですか?これらに当てはまる言動は、無意識に相手の心を傷つけたり、嫉妬心を煽っていたりする可能性があります。身に覚えのあることがあれば、まずはあなた自身が態度を改めましょう。

また、自身も会社の人間の一人であることを忘れてはいけません。近年では子どもを育てながらでも働ける環境が整ってきました。そのため、つい自分の中で“母親”としての割合が大きくなってしまいがちですが、仕事と子育てを両立できること、またそれを助けてくれる仕事仲間への感謝の気持ちを常に持つよう心がけましょう。

 

 

■それでもつらい思いをするときは……

先にも述べたように、パートナーがいない、そして子育て経験のない婚活中の女性からすれば、ワーキングマザーとしての葛藤を理解できないのはもはや仕方のないことです。
職場の中にどうしても苦手な人がいるときは、「どうすれば相手と良好な関係を築けるのか」を考えるのではなく、時には「わかってもらえないのであればしょうがない」とすっぱり割り切る勇気も必要。あなたが責任を持って仕事をこなしているのであれば、ワーキングマザーという働き方にうしろめたさを感じる必要はありません。一緒に仕事をする上での最低限のマナーは守りつつ、もっと有意義なことに時間を使いましょう。
しかし、業務に支障をきたすほどのいやがらせを受けているようであれば話は別です。その場合は一人で我慢せず、上司や第三者機関に相談することをオススメします。

■まとめ

昔とはちがい、今は結婚することが当たり前の世の中ではなくなりました。ですが中には、結婚したくてもなかなかできない女性がいることも事実です。そのストレスが積み重なった結果、既婚者であるあなたに対してつい嫉妬心を抱いてしまう婚活女性が現れた場合には、今回の記事をヒントに冷静に行動してみてください。
新しい令和という時代もすべての女性たちがイキイキと働けますように。

あなたにオススメの記事

コミュニケーションテーマ : 【職場】その他の記事

職場
もっと見る