2019.08.05

お礼メールって時代遅れじゃないの!?奢ってくれた上司への正しい対応

お礼メールはすぐ送るべき!


上司への“感謝の気持ち”を伝えるお礼メール。相手が迷惑に感じてしまっては、元も子もないですよね。では気持ち良くメールを受け取ってもらうため、一体どのような工夫が必要なのでしょうか? 一般的に言われている「お礼メールのマナー」を見ていきましょう。

 

まずメールを送るベストな“タイミング”は、「飲み会が終わった直後」とされています。お礼があまりにも遅くなった場合、「本当に感謝の気持ちがあるのか?」と思われるかもしれません。タイミングには気をつけて、なるべく早く送るよう心掛けてみてください。

 

スピード感を意識できるようになったら、最も重要な「メールの内容」にも注目。おごって頂いたことへの“感謝”はもちろん、“飲み会での内容”を織り込むのがポイントです。例えば飲み会が楽しかったという“感想”や“為になった上司の発言”を入れることで、形式的な文章になる心配がありません。上司との距離が縮まる内容にすれば、迷惑に感じることもなくなりますよ。

 

お礼メールを“送る・送らない”は人それぞれですが、相手の気持ちを汲み取った上で行動に移していきたいですね。

 

文/古山翔

 

≪ BACK 1

2

古山翔

娘2人と息子1人を抱えて奔走するパパライター。夫婦それぞれの仕事を充実させつつ、趣味の時間も確保するために家事や子育てのアップデートを欠かさない。自身は完全インドア派だが、アウトドア派の妻と元気な子どもたちに影響されてピクニックやキャンプをするようになった。