2019.06.28

嫌われる人の上から目線 自覚がないあなたの原因は…!?

自分の話し方はなかなか意識しづらいもの。中には無意識のうちに「上から目線」になっている人も多いようです。人に指摘されてからでは遅い「喋り方」は、どのように直せばいいのでしょうか?

 

「上から目線」な話し方の原因は?


お悩みの声を上げていたのは、上司から「どうして上から目線で話すんだ」と指摘された男性。「上司を見下してるつもりはありませんし、むしろ尊敬しています。なのにどうして上から目線な話し方になるのでしょうか…」と落ち込んでいました。

 

つい「上から目線」な話し方をしてしまう人は少なくありません。ネット上では、「最近、妻から上から目線を指摘されて困ってる。でも自分の話し方を振り返ってみると、たしかにお礼の言葉ってあまり言えてないかも」「職場でよく『上から目線』『かっこつけてる』と言われる。敬語がちゃんと喋れてないのか、言い方が悪いのかどっちが原因なんだろう?」といった声が続出。

 

上から目線な話し方をする人に対し、1番多く見られたのは「原因は話し方にあるのではなく、普段の態度や行動にあるのでは?」「負けず嫌いな性格の人って、上から目線で話すことが多い」「謙虚にものごとを捉えるようにしないと、ずっと上から目線の話し方は直りませんよ」といった性格についての指摘でした。

 

>>NEXT 話し始める前の“前置き”がポイント!

古山翔

娘2人と息子1人を抱えて奔走するパパライター。夫婦それぞれの仕事を充実させつつ、趣味の時間も確保するために家事や子育てのアップデートを欠かさない。自身は完全インドア派だが、アウトドア派の妻と元気な子どもたちに影響されてピクニックやキャンプをするようになった。