コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

「男性と女性で態度を変える同僚」に周囲が抱く辛辣な言葉

コミュニケーション

2020.08.05

“精神年齢が低い人”とは関わらないのが正解?


実際に職場やプライベートで、“精神年齢が低い人”との接し方に悩む人も少なくありません。ネット上では、「“精神年齢が低い人”は根に持つタイプも多いからね…。相手にしないで接点をなくすのが正解」「プライベートの友人なら少しずつ距離を置いたほうが良いです。その人と一緒にいるだけで自分の印象も悪くなると思う」などの厳しい一言が。

 

職場の同僚に関しても同じく、「私も幼稚な行動をとる同僚に悩んでいましたが、距離をとってから気持ちがラクになった」といった声があがっています。

 

「距離を置く」や「できるだけ接点をなくす」などの対処をしている人が多い中で、なんとか“大人になってもらおう”と取り組む人も。

 

「少しイラッとしても優しく指摘します。ミスをしても親身になって一緒に対処してるよ」「自分の部下なら改善させるためにトコトン注意する」など、様々な努力をしているようです。

 

他にも、「あえて重要な仕事を任せてみると、意外と変化があるよ。ウチの若手は、自分中心ではなく会社目線で仕事をするようになってくれました」「遅刻してくる人には理由をしっかり聞く。根本的な問題だと思うので、相手の気持ちを理解することが大切です」というアドバイスも寄せられていました。

 

>>NEXT 8割以上の人が実年齢より「精神年齢が下」と回答?

2 / 3 ページ
あなたにオススメの記事

コミュニケーションテーマ : 【職場】その他の記事

職場
もっと見る