注目のキーワード

注目のキーワード
コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

二人が残ると残業できない…不倫カップルの〝自由な愛〟が社内を掻き乱す!!

コミュニケーション

2019.05.21

2020.04.18

Manager is flirting with her coworker in the office

iStock.com/praetorianphoto ※画像はモデルを起用したイメージです

気づかれていないと思っているのは本人たちだけで、意外と周りの社員たちは気づいている「社内不倫」。しかしながら、脳内お花畑なズレっぷりと「不倫」という重たい事実は、まわりの人の仕事に影響が出るほどに、相当なストレスを与えているようです。「社内不倫カップルが社内にいる」という、働くママにお聞きしました。みなさん…大変なんですねぇ。

■社員旅行の部屋割りで大討論(実憂さん/28/事務員)

支店長と事務リーダー的な女性社員が不倫をしているのは、社内では有名な話でした。「街で2人が手を繋いで歩いているのを見た」という目撃証言があり、既婚者2人の社内での不倫が知れ渡ってしまったのです。

するとまわりが気をつかうようになって、腫れ物に触るかのような扱いに。本人たちはバレてはいないと思っているようなのですが、どちらも支店内では上層部の人間なので、下っ端はもう大変です。

泊りがけの社員旅行のときは、2人の部屋割りについて、連日の大討論会が行われました。「フロアを離したほうがいい!」「いやむしろ同じ階にしよう!」と意見がぶつかり合い、仕事よりも熱い議論が行われ…(笑)。

最終的に2人は同じフロアにすることで落ち着いたのですが、同じフロアの人たちは早めに自分の部屋に帰ったり、「今日は疲れたんで早く寝ます」と気を使ったり、当日も本当に大変だったようです。

■残業したくてもできない雰囲気(裕子さん/30/営業事務)

Making the extra hours count in their favour

iStock.com/pixdeluxe ※画像はモデルを起用したイメージです

同じ会社に社内不倫しているカップルがいます。営業の既婚者男性と、アラサー事務員の30代未婚女性。女性のほうが熱を上げているようで…社内でその男性社員を目で追う姿は、もはや見慣れた光景になっていました。

不倫自体は本人たちの自由なので、勝手にすればいいと思っています。しかし、まわりは相当気を使うもの。特に困るのが残業です。男性社員の残業に合わせて、事務が忙しい月末でもないのに、女性まで残業するんです。

そんな2人が社内にいると、まわりは居づらくなって続々と「お先です」と帰っていきます。なかには帰り際に、私に目配せしてくる先輩社員も…そうなるともう、帰るしかありません。大量の仕事を明日に残したまま、泣く泣く会社をあとにしています。

■あんたの男なんか取らないって!(美穂さん/29/事務員)

 The Office Affair.

iStock.com/crossstudio ※画像はモデルを起用したイメージです

普段まわりにツンツンしているお局様は、課長の前では猫なで声。飲み会ではいつも隣同士で、時間をずらしてランチに出ても必ず一緒に帰ってきます。そんな既婚者2人の関係は、中途採用で入った私でも初日から気づくほど露骨なものでした。

普通の不倫カップルだと隠そうとするものですが、なかには例外もあるようです。というのも、仕事の報告や相談で課長と話しているとき、お局様が明らかに睨みつけるように、私を見てくるんです。

その視線に気づくと「ありがとうございました!」と頭を下げて、早々にその場を早々に去ることに。(別にあなたの男を取ろうなんて思っていません!)と、心のなかで訴えていました。そもそも課長には奥さんがいるので、あなたの男でもないんですけどね(笑)。

課長と話すときは、普通の距離より離れて話すよう心がけたり、お局様の姿が見えないときに話しかけるようにしたりと、もう大変。仕事に支障が出るので、本当にやめてほしいです。

Crushing on a coworker

iStock.com/PeopleImages ※画像はモデルを起用したイメージです

社内に不倫カップルがいると、まわりも相当気を使居ます。特に先輩や上司なら、なおさら大変。お話を聞いたなかには「気を使うのに疲れて退職を考えた」と言うママもいるほど。必要以上に気を使わないよう心がけないと、自分の身が持たないかもしれませんね。

ライター:葛西 明
人材派遣及び、人材紹介を行う会社に勤めるサラリーマン。求人募集の文章を書くのが楽しいと感じて以来、ライターとしても活動中。家事が苦手な妻と結婚後、気付けば兼業主夫になっていることが悩み。

あなたにオススメの記事

コミュニケーションテーマ : 【浮気・不倫】その他の記事

浮気・不倫
もっと見る