注目のキーワード

注目のキーワード
コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

夫が突然「ジム通い」を始めたら…不倫のアリバイ工作を疑うべき深い理由

コミュニケーション

2019.05.09

人生100年と謳われるいま。健康のためと運動を心掛ける人も増えてきました。最近では24時間いつでも使えるジムも増え、以前より気軽にジムを利用する人も増えています。でも実は、その「ジム通い」こそが、浮気の兆候であることも多いのだとか!? ジムを不倫のアリバイ工作に使っていた経験のある夫たちに、話を聞いてみました!

■本当にジムに行っていることもあります(光さん/32/会社員)

shutterstock_578554774

結婚して5年になりますが、ここ1年は妻とあまり上手くいっていません。私から言わせれば、息子が生まれてからの妻は完全に母親になってしまい、正直魅力的ではなくなっています。

なにかにつけて「息子が」と言って、私の存在は二の次。二人目が欲しいと言うし一応セックスレスではないのですが、どうにも事務的なところもあり、幸せは感じられずにいます。

そんななか、会社主催の合コンで、意気投合した女性がいました。初めはメールのやりとりくらいでしたが、次第に会うようになり、ひと月もたたないうちに一線を越えました。いまでは定期的に会う日々が続いています。

彼女との逢瀬を隠すため、妻には「ジムに行ってくる」と伝えています。私の生活には興味がなさそうですしバレないとは思うのですが、ジム通いをしてるのに体に変化がないのもおかしいので、本当にジムにも定期的に行ってるんですよ。カムフラージュと同時に、ストレス発散もしています。

■不倫仲間と手を組んでアリバイ工作(智弘さん/35/会社員)

shutterstock_567318091

会社の休憩時間に、ある同僚と「お前、次いつ?」「来週の金曜かな…」「OK」なんて会話を交わしています。実はこれ「浮気相手に会っているけれど、ジムに行っていることにする」という、アリバイ工作の打ち合わせなんです。

私は不倫歴5か月で、同僚はちょうど1年くらい。「妻とのセックスレスで悩んでいる」と打ち明けると、彼ももう3年レスで、会社の後輩と飲んだときに不倫関係に発展してしまったと告白されました。

私自身は、さすがに会社の女性はリスキーだと思っていて、その後輩主催の合コンで知り合った女性と関係を持つように。それを同僚に報告すると「ジム通いってことにしないか? 一緒に通ってることにすれば、アリバイも作りやすいし」といわれ、同意しました。

私が浮気相手と会っている日は同僚がジムに行き、同僚が浮気相手と会っているときはその逆、という具合です。ジムでの写真と一緒に「今日はキツかったな〜」などと、まるで本当に一緒に汗を流したかのようなLINEを送ってくるので、たまにさりげなく妻に見せていますよ。

■制限時間はきっちり守ります(祐樹さん/36/会社員)

週に2回、会社の近くにあるジムで汗を流しています。その日はいつもより帰る時間が少し遅くなるのですが、ときどきジムではなく〝違うところ〟で汗を流す日もありますね…。

妻は几帳面な性格なので、普段の生活に少しでも不自然なところがあれば、浮気がバレる危険はあります。ただ逆に「不自然にならないよう」ポイントをしっかり押さえれば、バレにくいとも言えます。

shutterstock_203829160

例えば。妻が様子を見に来たりできないよう、ジムの場所は会社近くを選び、近くに温泉やサウナも確保。「ジムに行って、そのあと温泉&サウナ」を合わせ、だいたい決まった時間を使っています。

不倫相手と会うのは、それと同じだけの時間内でと決めています。いつもと同じ時間に帰れば、あやしまれる心配はまずありません。たいていホテルで過ごすので、汗も流せますしね。ちなみにシャンプーや石鹸の匂いバレしないよう、ジムの時に携帯しているものを使ってます。

浮気相手には「時間制限があってごめん」と謝ってはいますが「バレないのが一番だよ」と言ってくれています。実は、そんな彼女も既婚者。ヤバくなったら即関係を切ることで合意していますしね。

shutterstock_658106842

「ジムに行く」と言われるとうっかり油断してしまいそうですが、考えてみればカムフラージュには便利な場所なのかもしれませんね。ジム通い=即「浮気!」とは言えませんが、怪しいと思ったらさりげなく理由を尋ねてみてもいいかも。口ごもったりしたら…どうします?!

 

ライター:芳野美穂
ライターとして活動をしながら、保育園と小学生、ふたりの子どものママとして奮闘中。仕事は充実しているものの、旦那の仕事が忙しいため、ほぼワンオペ育児。最近の悩みは、近所に住む姑のノンアポ訪問。

あなたにオススメの記事

コミュニケーションテーマ : 【浮気・不倫】その他の記事

浮気・不倫
もっと見る