注目のキーワード

注目のキーワード
コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

不倫の末の幸せは〝悪〟なのか? この結末が「正しいのか」と問われれば…

コミュニケーション

2019.01.22

人の道にはずれ、眉をひそめられるものである「不倫」。誰かを傷つけ大切なものを壊して生まれたその愛に救われ、幸せをつかんだ女性たちがいます。彼女たちが経験した不倫時代と、いまも抱える複雑な思いをお聞きください。

 

一緒になることに迷いはなかった(まりさん/32/事務) 

結婚して3年になりますが、いわゆる「不倫からの略奪婚」です。その事実だけで軽蔑したり離れていく人もいましたが、いま私自身はとっても幸せですし、本当に満たされています。

初めて出会ったとき、私も彼もまだ独身でした。しばらくして彼は、親の薦めでお見合い結婚。友人関係とはいえ、結婚後は私とは疎遠になりました。その後、偶然再会して知ったのですが…いわゆる政略結婚だったようで、お嬢様育ちで我の強い妻に疲れていたようです。

彼のことがひそかに好きだった私は、その状況を知って気持ちを隠すことができず不倫関係に…彼も私に癒しを求めたのでしょう。その後しばらくして彼は離婚しましたが、結局私たちの関係はバレることなく、離婚理由は「彼の不妊体質と性格の不一致」でした。

shutterstock_550487758

私たちはお互い「子どもがいなくても、ふたりが幸せならそれでいい」という価値観でしたし、ずっとつき合ってきたなかで、一緒になることに迷いはありませんでした。

結婚して3年経ったいまも仲よく、私にとって理想の夫婦関係を築いています。もちろん、「正しいことをしたか」と問われれば、わかりません。でも、不倫から始まる愛が、すべて悪ではないと思っています。

1 / 4 ページ

あなたにオススメの記事

コミュニケーションテーマ : 【浮気・不倫】その他の記事

浮気・不倫
もっと見る