注目のキーワード

注目のキーワード
コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

夫が会社を辞めました…泥沼化する〝不倫の二次被害〟に怒り心頭の妻の話

コミュニケーション

2019.01.09

夫の不倫を許すのは、妻としてはつらいこと…とはいえ子どものため生活のため、腹をくくって許し、やり直すのも選択肢のひとつです。ところが。話を聞いた妻たちが「許せない」と憤るのは〝夫の不倫の二次被害〟にあったためだというのです。トラブルが泥沼の様相を呈した不倫劇の一部始終、お聞きください。

 

「夫の不倫」は仕事柄マズい!!(由紀恵さん/35/ウェディングプランナー)

4歳と2歳のふたりの娘を育てながら、ウェディングプランナーの仕事をしています。「これからの結婚生活に夢いっぱいのカップルを応援する」仕事なのに、自分自身の結婚生活にヒビが入ろうとは思いもしませんでした。

shutterstock_717826711

その原因は旦那の不倫、発覚はママ友からのタレこみでした。電車で30分ほどの街にある百貨店で、女とイチャつきながらアクセサリーを選んでいたんだそうです。

家ではとくに怪しい素振りも見せず、私はそんな旦那の変化に全然気がつきませんでした。我慢できなくなった私は、無実を証明しようと旦那を問い詰めたんです…結果は旦那はクロでした。

「旦那が不倫している」という噂はいつしかママ友の間で広がり、私は周りから好奇の目で見られるように…気がつけば噂は、私の職場にまで流れていました。「由紀恵さんの旦那さん、不倫してたらしいわよ」「え、サレ妻ってやつですか?」なんていう揶揄が飛び交う始末。

そしてとうとう上司の耳にも入り「仕事柄、そういうことはちょっと」なんて言われてしまいました。旦那の身勝手で私が白い目で見られるなんて、理不尽すぎて許せないです!

不倫相手に貢いだ借金が残った(なのかさん/30/看護師)

うちは生活費や養育費、光熱費などは夫婦で折半して支払っています。そのためお互いになににどれだけお金を使っているか、詳しいことは知りません。

でもあるときから、「今月はちょっと給料が少なくて、光熱費は全額出してくれないかな?」と言われることが多くなりました。最初は(そんなこともあるのかな?)と思っていましたが、だんだん度重なるようになってきたんです。でも実は…金融会社からの催促電話で、旦那がかなりの借金をしていることが判明したんです。

shutterstock_1012272307

「いったい、何に使ったの!」と問い詰めると、旦那は土下座で不倫を白状しました。相手にアレコレ貢いで気づけば貯金も使い果たし、借金をするまでになったんだそうです。

もうすぐ5歳になる息子の将来のためにも、お互いに家計費を出し合ったり貯金の計画も立てていたのに。バカな不倫のせいで、息子まで不幸にする気なんでしょうか…今はただ、あきれて呆然としています。

不倫相手が旦那の会社に乗り込み…(瑠香さん/30/事務員)

旦那の言動がおかしいと思い始めたのは、息子が3歳の誕生日を迎えたころから。それまでは「いまから帰る! 夕飯なに?」なんてLINEが毎日来ていたのですが、だんだん「残業だから今日はゴハンいらない」という日が増えて…そのうち、連絡なしに夜遅く帰る日が増えていきました。

そんなある日、仕事のトラブルで定時を過ぎても帰れなくなってしまい、息子のお迎えを頼もうと旦那のスマホに連絡してもつながらなかったので会社に電話をかけたんです。そしたら、「もうとっくに退社した」というではないですか。

旦那に聞いても、はぐらかすだけ。でもその日から再び「帰るよLINE」が来るようになり、遅く帰る日も減っていきました…でもそれがトラブルの引き金になるとは、思ってもいなかったのですが、しばらくすると事件は起こりました。なんと、浮気相手が旦那の職場に乗り込んで詰め寄り、大騒ぎになったんです。

shutterstock_297436034

私に問い詰められて距離を置きはじめた旦那に、腹を立てた不倫相手が大胆な行動に出たようで…その大騒動が原因となり、旦那はとうとう会社を辞めることになってしまいました。これからまだまだ息子にお金がかかるのに、どうするつもりなんでしょうか…途方に暮れています。

たとえ不倫関係は解消しても、自分自身や妻の仕事、子どもの将来、家計や貯金にまで後腐れを残す「不倫の代償」はあまりにも大きいもの…妻たちの苦労が思いやられます。 

shutterstock_269097269 (1)

ライター:芳野美穂
ライターとして活動をしながら、保育園と小学生、ふたりの子どものママとして奮闘中。仕事は充実しているものの、旦那の仕事が忙しいため、ほぼワンオペ育児。最近の悩みは、近所に住む姑のノンアポ訪問。

あなたにオススメの記事

コミュニケーションテーマ : 【浮気・不倫】その他の記事

浮気・不倫
もっと見る