注目のキーワード

注目のキーワード
コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

浮気の決定的証拠はないけど明らかに怪しい…さりげなく聞き出すテクニック

コミュニケーション

2019.01.04

200-1

 

夫の帰りが遅くなった、いきなりオシャレに目覚めたなど、夫がいつもと違う行動をし始めると、もしかして浮気?と疑ってしまいますよね。調べてみたけど決定的な証拠を見つけることができなければ、悶々とした気持ちのまま毎日を過ごすことになります。

できれば夫から本当のことを聞きたい!と思っても、ストレートに聞いたところで自白することは絶対にないでしょう。今回は夫の浮気を疑ったとき、さりげなく自供させる誘導尋問テクニックについて、いろいろ紹介していきます。

■誘導尋問するまでの準備が必要

いきなり夫に誘導尋問をしてみても、失敗する人も多いのではないでしょうか。それは事前準備が足りていないからです。夫の答えによっては頭に血が上ってしまい、後先考えず揚げ足をとろうとする人もいることでしょう。しかし、これでは台無しです。

誘導尋問の方法を間違えると、たとえ浮気していなかったとしても「分かった分かった、そうです!浮気しています!」などと夫が逆ギレすることも考えられます。

男性は妻に何かしら隠しごとをしていることもありますので、浮気をしていなかったとしても妻に誘導尋問されるとあせってしまい、言葉を濁らしてしまうこともあるでしょう。こうなると、妻はよけいに浮気を疑ってしまいます。

誘導尋問をする上で大切なのは、夫の性格を考えて普段どおりに会話をし、自然な流れで自供させることです。逆ギレされたりあせらせてしまうと、浮気の真実すら見極めることができません。

事前に質問を考えておき、夫が回答したあとにどのように対応するかなどを考えておく必要があります。

1 / 3 ページ

あなたにオススメの記事

コミュニケーションテーマ : 【浮気・不倫】その他の記事

浮気・不倫
もっと見る