注目のキーワード

注目のキーワード
コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

愛人には子どもまで…夫の不倫と「二重生活」に妻が気づかなかった理由

コミュニケーション

2018.12.23

ある日夫から、長年つき合っている愛人と、その子どもの存在を知らされた妻たち。でも彼女たちは「まったく疑ってもいなかった」と口を揃えて言います。にわかには信じられないことですが、どうして夫たちは隠し通すことができたのでしょう? 妻たちの話を聞きました。

 

半年の里帰りがアダとなった(まりこさん/38/育休中)

離婚する直前に元旦那は、いままでの不倫生活をすべて暴露しました。愛人の存在に加え、もうすぐ1歳になる女の子がいることも。そして、思わず感心してしまうほどの「完璧な二重生活」のスケジュールのことも。

愛人との出会いは、私が第二子出産のため、実家に里帰りをしているときだったそうです。3歳になる上の子がいて大変だったので、半年ほど…その間にがっつり不倫されていたんです。

shutterstock_416784391

久しぶりに自由を満喫していた元旦那は、出会い系アプリで知り合った女性を毎日のように家へ呼んでいたようです。そして私が戻ってきてからも、週に2回ほど「終電を逃したから漫画喫茶で泊る」「朝まで飲み会だから帰れないかも」と理由をつけては女性宅へ。「大きなプロジェクトを任されることになった」と出張が多くなったのも、すべて女性と過ごすためのカモフラージュだったのです。

不倫に気がつかなかったのは、もともと激務で留守がちだったことに加えて、帰宅時間だけはきっちりと守っていたから。朝5時頃に帰宅することも多かったので、「本当に始発で帰ってきたんだな」と信じ切っていました。「いい加減な性格だ」と思っていた旦那が、まさかここまで徹底した行動をしていたなんて…いまだに信じられない気持ちです。

フリーランスゆえの盲点(えりかさん/38/事務)


旦那のあやしい行動が目につき、探偵に依頼して不倫を暴いてもらいました。私より10歳年下の女性と交際していたうえに、相手は妊娠までしていたんです。驚きのニ重生活は、意外と簡単にできていたようです。

フリーランスで働く彼は、パソコン1台あればどこでも仕事ができる人でした。しかし、最近は「打ち合わせをしたがる顧客が増えた」「家では集中できないので、喫茶店で作業してくる」と、なにかと外出することが多くなったんです。

shutterstock_1007848036

もちろん実際は、打ち合わせや喫茶店になんか行かず、愛人のもとへ。収入は変わらなかったので、仕事も愛人宅で済ませていたのでしょうね。探偵が撮った写真には、2人で産婦人科へ向かう姿も、検診帰りにベビー服を買いにいく様子も収められていました。

フリーランスゆえに、思えばお金の管理はほとんど旦那任せでした。おそらく相手にも金銭的な援助をしていたのでしょうが、全く気づきませんでした。油断しきっていたことを深く後悔しています。

ホワイト企業だからこその(りかさん/33/公務員)

いわゆる〝ホワイト企業〟に勤めている夫は、「有給は強制的に消化」「年に2回の長期休暇は好きな時期にとる」という恵まれた環境でした。でも、普通は家族との時間に費やす休暇を、まんまと不倫に利用されていました。

数年前、夫が別の部署に異動してから「休暇が取りにくくなった」と残念そうに報告してきたのがことの始まりです。部署によって仕事の忙しさが違うと聞いていたので、なんの疑いもありませんでした…でもそれは真っ赤な嘘で、休暇はしっかり取っていたんです。

給料明細の「出勤日数」が妙に少ないことには気がついていましたが、「形だけ休みにしたのかな」と、モヤモヤしながらも自分をごまかしていたんです。そんなある日、夫の職場から「お休み中すみません、至急確認したいことが…」と電話が。

shutterstock_775823953

なんと旦那は「1週間の長期休暇中」だというではないですか。そんなはずはありません、だって昨日も今日もスーツで出勤したんですから…その夜夫を問い詰めて、全てが明らかになりました。

若い女の子と遊んでいるうちに相手が妊娠し、その男の子はいまや生後6か月。異動後も変わらず定時で退社し、相手の家で晩ご飯を食べてから帰宅。休暇はすべて相手の家で過ごしていたんだそう…そんな生活は2年にも及んでいました。すべてを知った私はあきれ果て、いまは離婚協議の真っ最中です。

やはり、「仕事」が言い訳になっているケースが多いようです。自由な勤務スタイル、休暇や出張が多いなど「家を離れる理由」がつけやすい環境は要注意! 服装や時間、お金だけでは、決して油断はできません…もしかしたらそれこそが、巧妙なカムフラージュなのかもしれないんですから。

shutterstock_628740509 (1)

ライター:楠 ゆず
娘と夫、茶トラの猫の3人+1匹で暮らすフリーライター。思い切ってマンションを購入し、ローンパラダイスへ突入中。幼児教育にハマってしまい、興味をもった教材は手に入れないと気が済まない。おかげで家には教材の山が…。断捨離欲と収集欲の葛藤に悩む日々です。

あなたにオススメの記事

コミュニケーションテーマ : 【浮気・不倫】その他の記事

浮気・不倫
もっと見る