注目のキーワード

注目のキーワード
コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

「浮気かも」と思ったときに妻として心に留めておきたいこと

コミュニケーション

2019.02.01

198-1

もしかして夫が浮気しているのでは?と感じると、どうしていいか分からないと頭の中が真っ白になってしまう妻も多いことでしょう。しかし、しばらくすると浮気された怒りや裏切られた悲しみ、先のことを不安に思ういろいろな気持ちが湧いてきて、自分でもどのように対処すれば良いか分からなくなります。感情的になって夫を責めたとしても、本当のことは何も分からず、不信感だけが募ります。こうしたときほど冷静になり、どのように行動すれば良いのか判断しなくてはなりません。

■感情的になっているときは先のことは考えない

夫が浮気していると聞いただけで、怒り狂う妻がほとんどでしょう。信じていたのに裏切られたのですから、取り乱してしまうのは当然です。
どんな女性でも夫の浮気の事実が判明すると、冷静に考えたり、行動したりすることができなくなります。感情的になっているときは、正しい判断を下すことができません。

すぐに夫と話し合いをするのではなく、1週間でも良いので自分の気持ちを落ち着かせる必要があります。

しばらくは冷静に考えることは難しいかもしれませんが、時間がたつと気持ちも落ち着いてきますので、それから夫に対する自分の気持ちを確認しましょう。

■執着心なのか愛情なのか見極めが必要

夫が浮気しているのが分かると、それまで無関心だった夫に対して、いきなり執着してしまうこともあります。他の女にとられたくない、だまされた、裏切られたなどのさまざまな感情により、冷静に判断できなくなります。

浮気の事実はさておき、自分が夫を愛しているかどうかを、まずは考えなくてはなりません。執着心だけで夫の心を引きとめようとしても難しいでしょう。逆に恐怖感を与えるだけになります。

ここで自分の気持ちを整理しないと、夫婦生活を続けるにしても離婚するにしても、後々の生活に響きます。

■夫の話にも耳を傾ける

198-2

夫からの話を聞いても、嘘をつかれたり言い訳されたりするだけだと思ってしまいますが、一度は冷静に夫の話も聞いてみましょう。

浮気しているとすれば間違いなく夫が悪いですが、それでも浮気に至るまでの経過があるはずです。何が原因で浮気に走ったか分からないと、どこで気持ちの変化があったのかも分かりません。

夫の浮気話なんて聞きたくないと思うかもしれませんが、最後まで口をはさまず夫が何を話すか聞きましょう。浮気していたとしても遊びのつもりで、あなたと別れるつもりはないかもしれません。

夫の気持ちを聞いた上で、今後のことをじっくり考えてみると良いのではないでしょうか。

■今後のことを考える

気持ちが冷静になったら、今後のことについて考えてみたほうが良いでしょう。浮気したことを本当に許せるのか、許したとしても今までどおりのように、一緒に生活することができるのかを考えなくてはなりません。

もしどうしても許せないと思うのなら、離婚を考えるしかありません。離婚したくてもその後に生活していくことができないから、離婚しないという判断をする人もいることでしょう。

どちらに進むにせよ、感情的にならず冷静に判断する必要があります。もし修復することを考えるなら、修復後は話を蒸し返さずにいられるかなども考えておきましょう。

■自分自身に原因はなかったか

夫が浮気したから夫が悪いで終わらせるのではなく、浮気した原因をしっかり探らなくてはなりません。もし妻に対して不満があり、それが原因で浮気をしたのなら、やり直したとしてもまた浮気をする可能性は高いでしょう。

夫に対して冷たい態度で接していたり、感謝の気持ちを伝えることもしていなければ、夫も不満を抱いていたことでしょう。

自分も夫に対して不満はあったけど、ずっと我慢していたという妻もいることでしょう。お互いに不満を感じていて、それをぶつけ合ったり話し合ったりしなかったこと自体が、コミュニケーション不足だという証になります。夫が妻からの愛情を感じられなくなり浮気したのだとしたら、夫も愛情に飢えていたはずです。

女性としての努力を怠っていたり、夫をないがしろに扱ってきたりなど、自分にも原因は必ずあるはずです。

一方的に責めるのではなく、お互いに非があることを認め、素直な気持ちで話し合えば、心も通じ合うのではないでしょうか。

■浮気しているか分からないなら普段どおりに接する

本当は浮気しているのではと思っていても、夫にはそうした素振りは見せず、普段どおりに接しましょう。

もし本当に浮気をしていたら、夫は罪悪感に苛まれます。妻は何も知らず自分を信じてくれているはずなのに、妻を傷つけてしまっていると夫が勝手に考えてくれます。

朝のお見送りや夜のお出迎えのとき、ご飯を作ったときや会話をしているときなど、日常生活の至るところで、妻を裏切っている、妻に申し訳ないなどと勝手に反省してくれます。

いつもより少し優しい程度で接し、笑顔を見せて甘えていれば、罪の意識に耐え切れず、自分から浮気をやめるかもしれません。

■まとめ

夫の浮気を怪しんだときほど、冷静に行動する必要があります。すぐに行動に移してしまうと、今後の人生に大きく影響を与えることもあります。冷静になることで正しい判断ができますが、今のままでは難しいようなら夫と少し離れるなどして、一人でゆっくり考える時間を作りましょう。

あなたにオススメの記事

コミュニケーションテーマ : 【浮気・不倫】その他の記事

浮気・不倫
もっと見る