注目のキーワード

注目のキーワード
コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

痛快すぎ!! 不倫した夫に姑が課したお仕置きが…まさかの「御百度参り」

コミュニケーション

2018.11.13

夫の不倫を相談したとき…あなたの姑は「息子をかばう」、それとも「息子を懲らしめる」のどちらだと思いますか? 今回ご紹介する姑は後者。しかも嫁が想像していたよりも、はるかにキッツイお仕置きを、夫にしてくれたと言うのです。女の味方は女?! ステキな姑のお話です。

 

親戚一同の「公開裁判」(みどりさん/30/パート)

 

スマホの動かぬ証拠から不倫の事実を知った私は、旦那に詰め寄るのではなく、いの一番に姑に相談しました。うまくいっているとは言えない姑でしたが、「ここで息子の肩を持つようなら離婚しよう」と決めたんです。

すると姑は、驚くほど丁寧に謝罪してくれ「息子を懲らしめたいから協力させてほしい」と言ってくれました。それから何度か打ち合わせをしたのち、年末に旦那の実家へ帰省するときに「制裁」を実行することになりました…私が不倫に気づいたとも、姑との影の計画も知らない旦那は、久しぶりの帰省とあって嬉しそうです。

shutterstock_278277047

その夜、旦那の両親のほか帰省した親戚十数人が集って、一緒に夕飯を食べました。その席で姑は神妙な面持ちとともに「今日はみんなに知らせないといけないことがある」と、「旦那の不倫メールの内容をコピーした紙」を全員に配りました。

そして、「お前は人として、決してしてはいけないことをした」と、不倫の事実を明かしつつ旦那を叱りつけたんです。親戚からも冷ややかな視線や怒りの言葉が飛び交い、いつもへらへらしている旦那が耳を真っ赤にしながらうつむいてしまいました。

その後、「親戚一同でしっかり監視する」という約束をしてもらい、許してあげることにしました。それ以来、姑とはとても仲良くなり、今でも週に1回は長電話をしながら旦那の様子を報告しています(笑)。

かっこよすぎて「姑ファン」に(三恵子さん/29/事務員)

 

旦那が同じ会社の同僚と不倫をしていることを知った私は、その相手の女性に不倫をやめるよう説得を繰り返していました。旦那は反省して「関係を断つ」と約束してくれていたんですが、相手は「不倫されるほうにも原因がある」と私を強く批判し、関係を断つという約束をしなかったんです。

法的な処置をとることも考えましたが、その前に姑に相談してみることに。すると姑は「息子がしたことだから私が話をつける」と言い、不倫相手と会うことになりました。その日、姑は髪をビシッと結い上げ、着物をきっちり着こなして現れました。

shutterstock_1032581302

私と話しているときはナメた表情を見せていた相手の女性も、姑のあまりの威圧感に気圧されている様子。そして姑は開口一番、「あなたがしたことは“不貞行為”なの。このままだと、高額な慰謝料という形で制裁を受けることになるわよ」と言い放ち、「今後の人生、台なしにしたいの?!」とトドメを刺しました。

姑の叱責を聞き終えた彼女は泣きじゃくり、関係を断つことを了承。あまりのカッコ良さに、私はすっかり姑ファンになってしまいました。

姑が課した禊が「さすが神社」(真奈美さん/30/販売)

 

旦那の実家は神社。お義兄さんが後を継ぎ、旦那は普通の会社員をしています。実家に行くのは盆暮れくらいですが、私は結婚当初から堅物な姑のことが苦手でした。そんな姑と「ある事件」をきっかけに、大の仲良しになったんです。

shutterstock_1218387841

ひょんなことから旦那の不倫を知った私は、姑に相談しました。内心では(あなたの大事な息子さんがこんなことをやらかしましたよ、どうしてくれんの?)という皮肉もたっぷりのつもりだったのですが、姑の対応は意外なものでした。

私の前で土下座に近いほど頭を下げ「決して許されることではありません。申し訳ございませんでした」と謝罪したんです…そして実家に呼び出された旦那は、姑からひどく叱られたとのこと。旦那も関係修復を望んでおり、「ま~許してやってもいいかな」なんて思っていたのですが。

意外なことに、怒りの収まらない姑から思いもよらない提案が。「息子に3か月、時間をください。気持ちを確かめるために御百度参りをさせます」と。それ以来、旦那は仕事が終わると、これまで通っていた不倫相手の家とは逆方向の実家の神社に通い、毎日「約2時間の御百度参り」をすることに。その様子は姑が、写真と一緒に報告してくれて、無事に約束の3か月のお務めは終了しました。

結果、旦那との関係も以前より良くなり、禊の儀式が終わった今でも姑とのメールは続き、とても仲良くなりました。不倫はショックだったけど、さすが姑と言うべきですかね(笑)。

重大な出来事が起きたとき、対応の仕方にその人の本当の姿が出るものです。なにか困ったとき、先入観は捨てて人生の大先輩・姑に相談してみると、意外な一面が見えるかもしれませんよ。

shutterstock_1155865396 (1)

ライター:葛西 明
人材派遣及び、人材紹介を行う会社に勤めるサラリーマン。求人募集の文章を書くのが楽しいと感じて以来、ライターとしても活動中。家事が苦手な妻と結婚後、気付けば兼業主夫になっていることが悩み。

あなたにオススメの記事

コミュニケーションテーマ : 【浮気・不倫】その他の記事

浮気・不倫
もっと見る