コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

「嫁の差し替え」を企てる…夫の不倫を手引きしてたのが、まさかの姑!!

コミュニケーション

2018.11.11

「そんな話って、ある?!」。世の中に、想像しがたい実話はたくさんありますが、今回ご紹介するお話もそのひとつ。許しがたい夫の不倫の裏側で、手引きや協力をしていたのが「姑」だったというのですから…〝憎さ〟あまって憎さ百倍!! 信じがたい体験をした妻たちが語る、不倫の全容とは!?

 

「いい姑」の顔もすべて計画のうち(麻央さん/30/教師)

 

旦那の不倫のことで、姑に相談しました。「あなたは悪くない」「一緒にがんばろう」と言ってくれ、そのときは「本当にいい姑を持った」と心から感謝していたんです。

shutterstock_611163263

姑のことを完全に信用しきっていた私は、「いずれ法的な手続きをしよるときのため」に、姑に旦那の不倫の証拠をすべて渡していました…家に置いて置くと、旦那に見つかってしまうかもしれないからです。

そしていざ〝そのとき〟を迎え、姑に証拠品の返却を求めると、なんと「間違えて捨ててしまった」というのです…そんな大事なもの、捨てるわけがありません。怪しいと思いながら、日をあらためて実家を訪ねてみました。

するとなんと、そこには旦那の不倫相手の車が止まっているじゃないですか!! そーっと玄関に入って覗き込むと…姑と不倫相手の女性が楽しそうに話しているのが見えました。そう。姑と不倫相手の女性は「つながっていた」んです。不倫の証拠を破棄したのは姑、でも「間違えて」なんかじゃありません。

誰とどんな取引があったのかは知りませんが、某有名企業の社長令嬢である不倫相手の女性と旦那との交際を、以前から陰で手引きしていたのです…もう世の中、誰も信用できません。

姑の姑による姑のための不倫(順子さん/35/事務員)

 

「母さんのとこに行ってくる」と言って、しばしば出かける旦那。姑は一昨年に舅を亡くし、田舎の一軒家でひとり暮らしをしています。そんな母親を心配する「いい息子」だと、当時の私は完全に信じていました。

というのも姑の家に電話すると、旦那は毎回ちゃんといるし、なにも変なところはなかったんです。しかし旦那は、不倫をしていました…どんなカラクリだったと思いますか?

相手は姑の家に家事を手伝いに来る、近所の若い女性。しかも、その女性を旦那に紹介したのは姑自身だったんです。ロクに顔を見せない不愛想な嫁をお払い箱にして、近所に住む心優しい女性と息子を再婚させたいと思ったのでしょう。つまりこれは、いわば「姑の、姑による、姑のための不倫」。その事実を知ったのは、旦那から離婚を告げられたときでした。

shutterstock_148295318

そんなことも知らず笑顔で旦那を送り出していたと思うと、自分の迂闊さはもありますが、いまでも怒りがわき上がってきます。しかもそれから姑は、一度も私の前に顔を出しませんし、もちろん謝罪もありません。こんな親子こっちから願い下げ。現在は離婚調停の真っ最中です。

内気な旦那の不倫の陰に姑の暗躍(麻里子さん/32/派遣)

 

旦那の浮気に、姑がひと噛みしていることを知ったのは、姑の〝ある言葉〟がきっかけでした。姑には以前から旦那の浮気のことで相談していて、アドバイスをもらっていました。

しかしある日、私が浮気相手のことを激しく批判したときのこと。姑は「◯◯ちゃんもさ~、悪気があったわけじゃないんだよ、きっと」と浮気相手の名前を呼んだんです、しかも「ちゃん」づけで。旦那の不倫相手の名前なんて口にするのも嫌だったので、私はいままで姑に「あの女」としか伝えていなかったにもかかわらず…! 

shutterstock_1080026732

「お義母さん、なんで相手の名前知ってるんです?」。そう聞くと「ああ~、隆から聞いたのよ」と旦那のせいにしつつ、明らかに動揺しながら答えます。怪しい…そう思いましたが、そのときはそれ以上の追及はできませんでした。

しかし数週間後、まるで母子のように腕を組んで街を歩いている姑と不倫相手を、偶然目にしたときにすべてを理解しました。内気で、自分から女性にアプローチすることなんてできるはずもない旦那がしでかした、この一連の不倫…実はその陰には、姑が暗躍していたんです。「絶対に別れてやらない」。そう私が決意したのも、この瞬間でした。

「本当の敵は身内にいた」というのは、意外とよくある話です。旦那の不倫は許せませんが、それを手引きする協力者が身内、しかも姑だったなんて…もう人間不信に陥りそうです。傷ついた妻のみなさん、どうか早く立ち直れましように。そして幸せをつかめますように!

shutterstock_132753365 (1)

ライター:葛西 明
人材派遣及び、人材紹介を行う会社に勤めるサラリーマン。求人募集の文章を書くのが楽しいと感じて以来、ライターとしても活動中。家事が苦手な妻と結婚後、気付けば兼業主夫になっていることが悩み。

あなたにオススメの記事

コミュニケーションテーマ : 【浮気・不倫】その他の記事

浮気・不倫
もっと見る