注目のキーワード

注目のキーワード
コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

先生、質問です!教師と保護者の不倫〝禁断の愛〟に未来はありますか?!

コミュニケーション

2018.11.03

主婦の不倫パターンで「子どもの先生と保護者」というケースが意外と多いとうのは、以前の記事もご紹介しました。子どもにも夫にも、親しい友人にも、絶対に言えない関係に陥った二人…その未来に幸せはあるのでしょうか? 体験談を聞きました。

<関連記事>主婦の不倫に意外と多い「子どもの先生と保護者」その始まりと結末は?

 

息子の担任だった先生と再婚しました(舞子さん/39/パート)

 

中学1年生の息子が学校でトラブルを繰り返すようになり、ひんぱんに学校から呼び出しの連絡がくるようになりました。原因はわかっていました。私と夫との仲が悪く、いつも家庭内の雰囲気が悪かったからです。

shutterstock_580460542

息子に申し訳ないと思いつつも、どうすることもできなくて…唯一相談できるのは生活指導の先生だけでした。落ち込む私をいつも力強く励ましてくれるので、つらい毎日をなんとか乗り越えることができました。そのうち、私にとって先生はいつしか心の支えになり、なくてはならない人になっていったんです。

先生も家庭がありましたがうまくいっておらず、いろいろ悩んでいるようでした。お互いに強くひかれるようになり、「真剣におつき合いしませんか」と先生から告白されました。先生には子どもがおらず、息子が卒業して落ち着いたら一緒に暮らそうと言ってくれて。

息子のことも理解してくれている先生となら、きっとうまくやっていけるだろうと思い承諾しました。その後本当にいろいろありましたが、離婚の末、息子が高校生になったときに先生と再婚。いまは家族3人で仲よく暮らしています。

稲妻が走って私から猛烈プッシュ(結さん/34/会社員)

 

3になる息子の担任は、細マッチョでジャージがよく似合う28歳の爽やか体育会系。他校から転勤してきて一目見たときから、稲妻が走ったように恋に落ちてしまいました。旦那とうまくいかず毎日イライラしていただけに、このトキメキが私を明るく前向きな気持ちにしてくれたのです。

なんとか先生と関わる機会を持てるようPTA役員にも立候補、仕事の合間をぬって学校行事にも積極的に参加しました…少しでも先生のことが知りたくて。

shutterstock_708414133

日中は仕事があるため夕方から、かなり遅くまで学校に残って作業をすることがありました。人目の少ない時がチャンスだと思い、「相談したいことがあります」と連絡先を書いたメモを渡しました。真面目な先生は心配して、すぐに連絡をくれました。

そしてついに、食事に誘うことに成功。そこからデートするようになって1年がたちますが、いまでも一線は超えていません…でも、先生も私のことを「甘えられる存在だ」って言ってくれていて。先のことは考えられませんが、いまはこの恋が壊れないように守っていきたいです。

ママ友がバツイチ先生と真剣交際中(友理奈さん/33/パート)

ママ友が先生からアピールされ、交際を始めたと聞きました。相手は娘さんの担任で30代のバツイチ。最初はもちろん、恋愛対象として意識したことはなかったそうです。

shutterstock_435796393

ところが個人面談のときのこと。夫婦が「家庭内別居状態」であることを話したら、「実は僕バツイチで…」と、自身の体験を通していろいろアドバイスしてくれたのだとか。そして先生といろんなことを話すうちに「旦那よりも頼もしい存在」と思うに至り、どんどんひかれていったそうです。

その後、先生から「今度食事に行きませんか」と誘われ、最初はかわしていたようですが、電話がきたり連絡先を渡されたりされるうちに、彼女も強く意識するようになったみたいで。

でも娘さんはまだ5年生。「卒業するまでは、食事に行くだけのおつき合いにする」と言っています。先生も真剣で、将来のことも考えているみたいです。最近では彼女も「離婚する決心がついた」と言っています。この先、困難はあると思いますが、幸せになってほしいと思っています。

 「恋はするものではなく、落ちるものだ」とよく言われますが、自分でも気づかぬうちに、誰かを好きになってしまうことはあるのでしょう…たとえそれが〝禁断〟と呼ばれる関係だったとしても。

shutterstock_1150895702 (1)

ライター:木村 百
情報誌の編集者として激務をこなした後、フリーライターに。2人の子どもの育児ストレスでイライラしつつも、日々の自分磨きは欠かせないアラフォーです。実母も姑も近所で暮らしているため、いまも未来も不安は尽きず。毎晩のお酒だけがパワーの源。

あなたにオススメの記事

コミュニケーションテーマ : 【浮気・不倫】その他の記事

浮気・不倫
もっと見る