注目のキーワード

注目のキーワード
コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

夫と不倫相手のベッドシーンに遭遇…サレ妻がその瞬間とった行動は?!

コミュニケーション

2018.09.29

「不倫の現場」の目撃談は数々あれど、妻が一番見たくないのは「夫と不倫相手のベッドシーン」ではないでしょうか。そんなのドラマの中での話? いえいえ、本当にあるんです。この世の修羅場に出くわしたサレ妻たち、その瞬間の話です。

 

逆にスーッと冷静になるものです(カンナさん/33/ネイリスト)

 

少し前から、夫の不倫を確信してはいました。

先日の夜、夫のスマホにLINEが来て、それを見た夫は「トラブルだから会社に行かないと」と。IT技術者なので夜中に呼び出されることもありますが、このところやけに多いんです。怪しいと直感した私は、ちょうど子どもが実家に泊まりに行っていなかったこともあり、夫をつけることにしました。

shutterstock_533917996

家を出ると夫は駅とは反対の方向へ歩き、人けのない場所に停まっている一台の車に乗り込みました。その運転席には女の姿があり、そして、すぐにシートが倒されました。そーっと近づいてなかを覗くと…二人がまさに〝ベッドイン〟しようとしています。

頭にきた勢いで力いっぱいドアを開けた瞬間、あわてふためいた夫が転がり落ち…そのみっともない姿を見たとたん、急にスーッと冷静になり「帰るから、パンツはいてね」とニッコリ。

車中の女をひとにらみし、オロオロとズボンをずり上げている夫の手を引いて帰りました。その後、あの夜のことは一切口にしていません。何をどう話したらいいのか、迷って悩んでいるうちに、夫の不審な浮気もおさまってしまったようです。

「部屋に鍵を置いてきてしまって」(里矢子さん/40/百貨店勤務)

 

営業職で出張が多い夫、あるとき出張から戻ったシャツからプンと香水が匂いました…さらに次の出張のときも同じ匂いが。なのでその次に出張に行くときに、宿泊先のホテル名を聞いたんです。すると夫は、「忘れた」と。

そこで夫が出かけたあと、会社に「携帯を家に忘れて行ってしまいまして。届けたいからホテルを教えていただけませんか?」と電話をしたんです。仲のいいママ友に子どもを預け、仕事を休んで夫の宿泊先へ。ホテルの入り口が見える喫茶店で張り込んでいると…夫が見知らぬ女と入っていきました。

shutterstock_314935511

すぐに後をつけ、二人が乗ったエレベーターの停止階を確認。そしてその階に上がり、廊下を歩きながら耳をすますと、ある部屋から夫の声が聞こえてきました。お手頃なビジネスホテルって、けっこう筒抜けなんですよね。

しばらくしてフロントに行き「部屋に鍵を置いて来てしまって、ノックしても応答がない」と心配そうに訴え、ホテルマンと一緒に部屋へ。マスターキーで開けてもらうと、夫と女があわてて服を着ているところでした。

醜態をホテルの人にも見られてしまい、夫は赤っ恥…この期に及んでも「仕事の打ち合わせをしてた」なんて笑っちゃうような言い訳で。部屋から出て行こうとする女の顔写真はスマホでおさえ「SNSで拡散してあげるね」と笑顔で見送りました。

自宅に呼ばれて行ってみると…(恵さん/38/パート)

 

1年ほど前のことです。うちにも遊びに来たことがある夫の部下の女性から、突然連絡があり、「自宅で女子会をするんですが、いらっしゃいませんか? その日は有休取ることにしたので、課長には内緒にしててください!」と自宅に招待されました。

(なんで私?)と思ったのですが、とてもいい子だったので悪い気はせず招待に応じたんです。

彼女の部屋は、オートロックのない古いマンション。ドアホンを押しましたが返事がありません。鍵が開いていたのでドアを開けると、男ものの見慣れた靴が。「もしや!?」と思い部屋に入ってみると…なんと、夫と彼女がベッドにいたんです!

shutterstock_641642776

もちろん夫は大あわて。私はとっさに平静を装い「私、この子に呼ばれてここに来たんだけど」。私がその場でそのことを言うなんて思っていなかったんでしょうか、女は青くなって「そんなことしてないから!」と必死で否定していましたが、夫は私の言葉を信じた様子でした。

なんとかして私たち夫婦を別れさせようとしたんでしょうけど、考えが浅はかとしか言いようがありません。「数回関係を持っただけで、遊びなんだ」と何度も土下座する夫。結局私は夫を許すことにしました。そして女には、きっちり慰謝料を請求させていただきました。

みなさん感情的だったのかと思いきや、「自分でも意外なほど冷静だった」と。信じられない出来事に遭遇すると、感情が別のモードに入るものなのでしょうか。願わくば、そんな場面に出くわさないのが一番ですが。

shutterstock_162618266 (1)

ライター:新海彩夏
ドラマ好きの専業ライター。いつまで経っても上達しない家事で、夫を呆れさせています。友人から夫婦間や家族間の悩みを打ち明けられることが多いのですが、内心ワクワクしながら聞いているとは、口が裂けても言えません(笑)。

あなたにオススメの記事

コミュニケーションテーマ : 【浮気・不倫】その他の記事

浮気・不倫
もっと見る