注目のキーワード

注目のキーワード
コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

「夫の浮気を疑っている妻たち」その監視がストーカー並みのスゴさ!!

コミュニケーション

2018.08.06

2018.09.10

「あなたは夫の貞節を信じていますか?」…ここにご紹介するのは、夫の浮気を疑い、監視行動がエスカレートしてしまった妻たちのお話です。

愛情? 嫉妬心? 独占欲? 女性の執念は、どこまでも恐ろしい…一歩間違えばストーカー?!な妻たちの行動を紹介します。

「夫が遅い日は会社の前で待ち伏せする」友人の話(有子さん/30/会社員)

これは学生時代の友人の話です。3年前に、彼女の夫は同じ部署の女性と浮気をしていたことが上司にもバレ、地方に飛ばされてしまいました。

その時は「お前と人生をやり直したい!」と誓う夫を信じて、友人も長年勤めた会社を辞めて、赴任先へついて行ったんです。それから年月が過ぎ、例の浮気相手が結婚退職したこともあってか、ようやく旦那さんが本社に帰れることになりました。

さぞかし喜んでいるだろうと連絡をとってみたら、「聞いてよ! 写ってたのよ、夫の歓迎会の写真にあの女が!」と怒り心頭の様子。あろうことか不倫相手の女性が結婚したのは、夫の元部下だったんです。本社に戻ってくる上司の不倫相手が、よもや自分の女房とは知らず…歓迎会の席にわざわざ呼んだのだとか。

shutterstock_211721461

何も知らない元部下も気の毒ですが、その女も女です。現在の夫と昔の不倫相手に挟まれてふてぶてしく笑うその女の顔を見ていると、いてもたってもいられなくなってしまったのだそうです。

それからは夫が遅くなるという日には、変装して会社の前で待機し、「夫がどこかに立ち寄らないか」「あの女とどこかで待ち合わせてないか」と監視する日々を続けているそうです…。

恐怖の〝ラブレター〟で夫を追い詰める妻(京子さん/28/サービス業)

親戚の法事で久しぶりに会った弟が、なぜかゲッソリやつれていました。その理由を聞いてみると、嫁が毎日のように送ってくる〝ラブレター〟のせいで、軽いうつ状態になってしまったとのことでした。

「結婚して5年も経つのにラブレター!? ラブラブだね(笑)」なんて思っていたのですが、とんでもない! それは背筋も凍る恐怖の手紙だったのです。

shutterstock_578298271

彼女の奇行が始まったのは、今年のはじめ。「夫が浮気しやすいのは結婚5年目」という話を耳にしてからなのだそう。それ以来、夫の浮気防止のために毎日〝ラブレター〟を書いて投函しているそうなのです。

手紙の最後は必ず「あなたが浮気をしたら私はどうなるか分らない」と書かれていて、なかにはなんと、血に染まったキスマークつきの手紙もあったとか…これはもうラブレターに見せかけた脅迫状?!

弟はもちろん浮気などしていません。というか、怖くてできないというのが本音でしょう。〝猟奇的な嫁〟と円満に離婚できる方法を、本気で弁護士に相談しているそうです。

弟の行く末が心配です…無事、別れられることを祈っています。

単身赴任先で物的証拠を探す妻(ひとみさん/32/美容部員)

これは私の仕事仲間の話。彼女の旦那は大手広告代理店の営業マン、出世街道まっしぐらの彼は2年単位で地方の赴任先を点々としているそうです。「最近、週末に連絡がとれないことが多くて心配なのよね」と、とくにイケメンでもない旦那なのに浮気を心配しいるようでした。

「わざわざ掃除なんかいいよって私が行くのを避けているみたい。ぜったいに怪しいわ」と言いだし、単身赴任先の抜き打ちチェックを始めました。

彼女が「怪しい」と睨んでいるのは、旦那が赴任先で過ごす月末の土日。彼女は月曜日の午前中に到着するように新幹線に乗り、旦那が出勤した後の部屋をチェックしに出掛けるようになりました。

shutterstock_269502086

マスクにゴム手袋という出で立ちで、歯ブラシ、ベッドの髪の毛、ゴミ箱、台所の洗い物、洗濯物、電話の履歴、冷蔵庫のストック、新しい洋服の有無などを入念にチェックするそうです。

調査したことがバレないように帰る彼女の姿は、まるでベテランの探偵か、現場に直行する鑑識班のよう(笑)。そんなことをして、本当に浮気の証拠が見つかったらどうするつもりなんでしょうね?

「妻が思うほどには、夫モテもせず」とは、よく言ったもの。とはいえ、夫にかける時間とエネルギーがそれほどにあるということは、よほど愛している証拠なのでしょうね、ということで!!

ライター:黒坂彩子
修羅場、ドロドロ、感動話、さまざまなリアル体験を見聞きした中から、「女は潔く生きよう!」をモットーに、女性としての筋の通し方を追求中。時折、「筋道を通さないほうが幸せかもしれない」と酔ってクダをまくフリーライターです。

あなたにオススメの記事

コミュニケーションテーマ : 【浮気・不倫】その他の記事

浮気・不倫
もっと見る