注目のキーワード

注目のキーワード
コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

「夫の浮気相手にメールしたら…」先制攻撃をしたサレ妻の修羅場!!

コミュニケーション

2018.07.20

2018.09.10

夫の浮気を知ったとき、女性は往々にして「相手の女性を攻撃する」傾向があるようです。ここでご紹介する妻たちも、「メール」という手段で夫の浮気相手に〝先制攻撃〟を仕掛けたのですが…予想もしない結果を招くこともあるんです。

私が浮気相手に送ったメールが「脅迫罪」?!(里恵さん/36/パート)

旦那の浮気を知っていてもたってもいられなくなった私は、旦那の携帯で調べた浮気相手のアドレスにメールを送り続けました。

最初は、「別れてほしい」や「悲しいです」などのメールだったのですが、まったく反応がなく。

次第に感情がエスカレートしてしまい、「浮気の事実を家族にバラす」とか、「慰謝料を払わないと、あなたの会社に浮気の証拠写真を送り付ける」などの内容を送ってしまいました…しかし、相手からの返信はないまま。

shutterstock_1081146986

するとある日、自宅にスーツ姿の男女3人がやってきたんです。彼らは、警察手帳を見せながら「Aさん(浮気相手)への脅迫の件で話を聞きたい」と言ってくるではありませんか。

なんと、旦那の浮気相手は「脅迫されている」と警察に被害届を出していたのです。私が送った内容は刑法の「脅迫罪」や「恐喝罪」にあたるとのことで、警察でこっぴどく注意を受けてしまいました。

浮気相手もその後被害届を取り下げたようで、この時は注意だけで終わりました。この件で「そのときの感情に流されてはいけないな」と反省しています。

「これは俺たちの問題!」旦那に怒鳴られた(莉子さん/34/販売員)

旦那のメールの履歴を見て、浮気を確信し呆然としていました。そして気がついたら、自分の携帯から浮気相手にメールをしていました。その手を止めることができませんでした。

「私は、あなたが付き合っているA(旦那)の妻です。私はAのことが大好きなので、とてもつらいです。別れる気はありません。身を引いてもらえないでしょうか?」内気な私ができる、最大限のメールでした。

shutterstock_712366708

すると翌日、帰ってきた旦那に「なんでメールなんかしたんだ! これは俺たちの問題だ!」とすごい剣幕で怒鳴られました。自分のことは棚に上げてひどい言いようでしたが、旦那のことが大好きな私はなにも言えず…さらに、浮気相手の返信が私にとどめを刺します。

「私は別に、彼に特別な感情を抱いているわけではありません。彼がしつこく言い寄ってくるから、しかたなくつき合っているだけです。奥さんからも、私から離れるように言ってくれません?」と。そんなこと言えるはずもない私にとっては、胸をえぐられるような返信でした。

普段はとても優しくて、子育てにも協力的ないい旦那です。いまは少しずつ、「娘のためにも別れてほしい」というお願いをしている最中。浮気相手に、直接メールなんかしても意味がないと実感しました。

メールが効いたのか、意外とすんなり別れた…?(和子さん/41/営業職)

私も旦那の浮気相手にメールしました、そしてこれはあまりに最近の出来事です。

散々悩みましたが、どうしても連絡を取りたくて、
「旦那の妻であること」
「旦那の浮気で悲しい思いをしていること」
「今後会わないという約束をしてくれないなら、法的な手段に出る準備をしていること」
を、できるだけ丁寧に伝えました。

すると数日後、浮気相手から返信が。内容は、「彼が既婚者であることを知らなかった。知っていたらつき合っていない、いますぐ別れます」というものでした。

shutterstock_673131694

旦那はいつも左の薬指に結婚指輪をはめています。既婚者かどうかを知らなかったというのは疑わしいですが、法的な処置を取られたら面倒だと思ったのでしょうか、すんなり別れてくれたようです。

いまは旦那を問い詰めるかどうか迷っていますが、あまりにも普段と変わらない様子に少し戸惑いも。複雑ではありますが、このまま家庭が円満に行くのならいいかと…やはり子どもが優先ですし。本当に別れたんですよね…?

夫の浮気を知って、逆上するのはいたしかたないこと。とはいえ一時の感情にまかせて行動するのは、妻として得策ではありません。

感情をぐっと飲み込みつつ、「相手にメールすることが本当に得策なのか」「相手と夫にどうしてほしいのか」「その前に夫と話し合う必要はないのか」…一度、自問することをおすすめします。

shutterstock_154975091

ライター:葛西 明
人材派遣及び、人材紹介を行う会社に勤めるサラリーマン。求人募集の文章を書くのが楽しいと感じて以来、ライターとしても活動中。家事が苦手な妻と結婚後、気付けば兼業主夫になっていることが悩み。

あなたにオススメの記事

コミュニケーションテーマ : 【浮気・不倫】その他の記事

浮気・不倫
もっと見る