注目のキーワード

注目のキーワード
コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

〝既婚者好き女〟の「計算ずくテクニック」が夫を浮気に走らせる‼︎

コミュニケーション

2018.06.29

2018.09.10

既婚男性はもうすでに〝売約済み物件〟だから、夫を狙ってくる女なんていないはず、と安心していませんか? 実は、「既婚男性が好物」という女性は、案外多いようなんです。

「既婚だからこそ落としやすい」と豪語する、彼女たち巧みなテクニックとは…!?

「ホントはこんなのダメ」禁断感あふれるタテマエに弱い(直美さん / 28 / 接客業)

既婚者は確かに「家庭」という檻につながれているようなもの。とはいえ、ずっと閉じ込められているわけではありません。柵の向こうにある、おいしい果実の味を知っている方も少なくないようですし。

そして「食べてはいけない」と思うからこそ、魅力的に見えてしまうのが人間というものなのかもしれません。

だからこそ、既婚男性に私のことを「一夜限りの禁断の果実」とか、「いつも真面目にがんばっているご褒美」と思わせれば、すぐに落とせるんです。

コツは、「本当は、いけないコト」というタテマエを忘れないこと。

shutterstock_1070850755

「遊んだっていい。当然の権利」と自由恋愛の姿勢を見せるのはNG。「〇〇さん、結婚してるから、こんなことホントはダメですよね」と、引いた姿勢で相手が飛びついてくるのを待つんです。

私自身、結婚したい気持ちがまったくないので、ちょうどいいんです。恋人気分を味わいたいときやご褒美が欲しいときに、豪華なごちそうをしてくれるので、とっても便利。都合よく使えるのが既婚男性ですかね。

「好き」って言葉がバカみたいに効きます(笑)(紀香さん / 30 / 会社員)

私もバツイチなのでわかるんですが、結婚生活もしばらく経つと、ロマンやときめく瞬間なんて皆無。恋人から家族になった証なのかもしれませんが、ときには、心臓が破裂しそうなくらい、ドキドキしたいと思いませんか?

shutterstock_705167008

「好き」っていう言葉は、独身男性よりも、むしろ既婚男性のほうが効きます。結婚してからしばらく経つと、純粋な好意を告白されることがなくなるんですよね。

なかには、ラブラブな夫婦もいるのかもしませんけど、奥さん以外の女性からの「好き」は、絶対新鮮です!

「〇〇さんが独身だったら私、好きになってたかも」「〇〇くんのそういうところがホント好きだよ」「ねぇ、好きって勝手に思っててもいい?」なんて、「好き」を連発していれば、既婚男性は「いま手を出さなきゃ、もう一生手に入らない」と感じるみたいです。

ごめんなさい、正直お金目当てです(真綾さん / 23 / 販売員)

既婚男性って、同世代の男子より簡単に落とせるんですよね。同世代だと立場が対等で、相手も〝売り手市場〟。でもお金はあんまり持っていませんけど。一方の既婚男性は、たいてい私より年上なので、「若い」っていうだけでかなりのアドバンテージ。

「困っているときは助けてね」「がんばったからホメてほしいな~!」「あれ欲しいけど、いまお金なくって」と、プチワガママを要求してもだいたい応えてくれるんです。

頼りになるなとか、お金を持ってるなと感じた相手には「なんだか、お父さんみたいで安心しちゃうかも」と言って近づきますね(笑)。

shutterstock_510773533

実際、同世代の男子にくらべてお金を持ってるので、おねだりするなら年上の既婚男性がイチバンなんです。それに男性って「頼りにされてる」「慕われてる」と感じると、自尊心が持てるみたいで。

家庭で頼りにされてるっていう実感がない人ほど、本当にコロッと落ちてくれますよ。まぁ、私が甘えるのはもちろん、あの人たちの持っている「お金」にですが。

でも、私も相手も嬉しいんだから、ウィンウィンの関係だと思いません?

浮気する夫が悪いのか、誘惑する女が悪いのか…「男ってバカだな」と思う反面、自分の夫がターゲットにされていると思うと、まったく笑えない話です。

浮気相手に本気になられるのもコワイけど、計算高い女が相手だと…一筋縄では行きませんね。

shutterstock_406777129

ライター:藤崎陽菜
ネイリストとして働く傍ら、美容・恋愛ライターとしても活動中。ママ友とのおしゃべりは大好きだけど、最近でき始めているママ友派閥のとりなし役になっているのが悩みの種。公務員の夫と、2歳になる娘と三人暮らし。

あなたにオススメの記事

コミュニケーションテーマ : 【浮気・不倫】その他の記事

浮気・不倫
もっと見る