注目のキーワード

注目のキーワード
コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

スマホは証拠の宝箱!妻たちの「浮気捜査」が探偵なみのスゴさ

コミュニケーション

2018.05.17

2018.09.10

概して男性は、とても往生際が悪い生き物です。

浮気がバレてどう考えても言い逃れできない状況なのに、なんとか自分が悪くない方向へ持っていこうとする様を見ると、怒りを通り越してあきれてしまうほど。

「女性と腕を組んで歩いてた」「ワイシャツから香水の匂いがする」というだけでは、問い詰めてもうやむやにされてしまいます。

そこで必要となってくるのが証拠。注目すべきは、証拠の宝庫「スマホ」です。妻たちが実際に行った、手に汗握る「スマホ捜査」の一部始終をじっくり紹介しましょう。

shutterstock_191371637

寝ている旦那で指紋認証(奈緒美さん/33/自営業)

証拠集めに選んだのは、飲み会で旦那の帰りが遅かった日。寝たふりをしながら帰宅を待ち、熟睡したのを確認してから捜査を開始しました。

旦那のスマホは指紋認証で、本人以外ロック解除できないようになっていますが、実際は指さえあればいいんです…そう、「指」さえあれば。

熟睡している旦那の手元へそっとスマホを持って行き、指をかざします。ここまでできたらスマホを片手にすばやくリビングへ移動、パソコンにインストールしておいた「パソコン版LINE」を起動します。

旦那はめんどくさがり屋なので、設定に使っているメールアドレスとパスワードはどれも同じもの。案の定、LINEにも同じものが使われていました。

ログインすると、パソコン画面に旦那のLINE画面が表示されますが、この時点では過去のやりとりは確認できません。

旦那のスマホに届いた「ログインされました」の通知を削除し、トイレの中で旦那の過去のやりとりや画像データを確認…そこで目に留まったのはある女性とのやりとり。

歯の浮くような愛の言葉やデートの約束などのやりとりに、発狂しそうになりながらもひとつひとつキャプチャして、自分のスマホへと送信。もちろん送信履歴は削除です。

しかし、この方法は「もし旦那が起きてきたら…」と思うと、精神衛生上良くないんです。そこで後日、今回も飲み会から帰宅したタイミングを狙って、前回と同じ手順で浮気の集めを開始しました。

前回と違うのは、パソコンからログインした際、前回のログインからのやりとりがすべて確認できること。ログイン通知を削除したスマホを旦那の枕元にそっともどし、私はパソコンから浮気調査を開始!

旦那が起きてきてもまさか自分のLINE画面を見ているなんて思いませんから、ゆっくりと時間をかけて証拠をフォルダに保存していきます。

そこで驚いたのは、前回よりも会話の内容がヒートアップしていること。二人のあられもないシーンまでが、彼女から旦那宛に送られているのです。

そんな内容はスマホを見たときにはなかったので、旦那の中で「さすがにマズイ」というものは、そのつど削除していたんでしょうね。そんな隠しごとも、パソコンからならしっかりと確認することができたのです。

後日、内容をプリントアウトして旦那に投げつけてやりました。言い訳しようのない浮気の証拠の数々に、旦那は一発ノックアウト。ざまあみろです。

shutterstock_478422880

浮気のツールはLINEやメールだけじゃない!(千里さん/38/窓口業務)

浮気の発覚って、LINEとかメールとかからが多いじゃないですか。でもうちの場合、怪しいと思って調べても、なかなか証拠が見つからなかったんです。

それでも、絶対に怪しい旦那。そこでピンときたんです…「もしや、他のSNS上でのやりとりがあるのでは?」と。

そこである日、旦那が息子と一緒にシャワーを浴びている間に、スマホからフェイスブックをチェックしたんです。自動ログインにしてあるので、入るのはカンタンでした。

メッセージを見ると…目を覆いたくなるような証拠が、ザックザク。連絡不精なのは私に対してだけだったようで、毎日あま~い会話をお楽しみのようで。

あいにくフェイスブックは個人情報も詳しく載っているので、浮気相手の素性も含めて、言い逃れできない証拠をたくさん手に入れることができました。

旦那のスマホ画面を大量に撮影(明子さん/31/窓口業務)

怪しいとは思っていたんですが、LINEにも通話履歴にも浮気の痕跡はなし。

(私の勘違い?)と思いながら、あるときショートメールをチェックすると、怪しすぎる名前を見つけたんです。どこがおかしいって、「○○株式会社」という名前で表示されてはいるんですけど、数がやたら多いんですよ。1日に1020通。

「なにこれ?!」と思って開いてみれば案の定、仕事には関係ない、甘~いやりとりがずらり。子どもにはとても見せられない、あんな写真やこんな写真もあったのですから。もう驚愕です。

「あー。なるほど、なるほど」なんて心の中でつぶやきながら、なんだかだんだん楽しくなってきた私。旦那のことは大好きで、裏切られたのもわかっているのに、どこか他人事のような感覚で…。

shutterstock_435123511

自分のスマホで、ショートメールの文面と添付写真をバシバシ撮影しました。たった1回の調査だけでも、言い逃れできない証拠を手に入れましたが、念のためその後も何度かチェックして撮影を行いました。

後日、「大事な話がある」と旦那を席につかせ、撮影した画像をその場でLINEに大量送信。それを見た瞬間、とまどって血の気が引いていく旦那の顔が忘れられませんね。その瞬間も写真に収めておけばよかったです。

世の夫のみなさま、ユルいスマホにご用心?!

いまやスマホはあらゆる個人情報の“宝箱”、浮気の証拠もしかりです。

夫婦といえど、度を越えてプライバシーに踏み込むのはいかがなものかとは思いますが、「浮気」はスマホチェックをはるかに越える重罪なのは確か!です。

夫のみなさま、肝に銘じてご用心くださいね…。

shutterstock_424331404

ライター:芳野 美穂
ライターとして活動をしながら、保育園と小学生、ふたりの子どものママとして奮闘中。仕事は充実しているものの、旦那の仕事が忙しいため、ほぼワンオペ育児。最近の悩みは、近所に住む姑のノンアポ訪問。

あなたにオススメの記事

コミュニケーションテーマ : 【浮気・不倫】その他の記事

浮気・不倫
もっと見る