コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

地図が示す夫の居場所は〝自宅のマンション〟GPSで「不倫追跡」した実話

コミュニケーション

2020.03.15

2020.09.29

夫のドライブはGPSと一緒(春海さん/29歳/ショップ店員)

 

iStock.com/Rostislav_Sedlacek ※画像はモデルを起用したイメージです

 

ある日、夫と浮気相手のラブラブなLINEのやりとりを見つけて、怒りで頭がおかしくなりそうでした。とにかく浮気現場を押さえたい。でも0歳の子どもを連れて、長時間の待ち伏せや尾行は現実的ではありません。

そこで、まずは夫の行動パターンを把握しようと、スマホのアプリで閲覧ができる「車両取り付け型のGPS」をネットで購入。車の床の見えない場所に設置しました。結果、追跡は成功。初日にしてラブホテルにいることが判明しました。

それから数日間、GPSでの追跡を続けてみたところ、食事をしてからのラブホテルが定番コースのよう。そこで友人に車を出してもらい、夫が「帰りが遅くなる」と言った日に、ホテルで待ち伏せすることにしたんです。

GPSで居場所を把握していたおかげで、所要時間はほんの30分程度。ホテルに入る瞬間の写真を簡単にゲットできましたよ(笑)。別の日には、浮気相手と手を繋いで歩いている写真や、レストランでの食事風景も撮影することができました。

それを証拠に、浮気相手の女性に慰謝料を請求。話し合いの結果、旦那とは離婚はせずに再構築を選びました。まだ許せるほど気持ちは整理できていませんが、GPSを使ったことは正解だったと思っています。

 

 

>>NEXT 出張中の夫から激怒の電話

2 / 3 ページ

コミュニケーションテーマ : 【浮気・不倫】その他の記事

浮気・不倫
もっと見る