注目のキーワード

注目のキーワード
コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

「お前が忙しいから」浮気の理由を〝妻の仕事〟に責任転嫁する夫の卑怯さ

コミュニケーション

2019.10.09

2020.04.18

浮気の理由を「お前が冷たかったから」と妻に責任転嫁する夫の話はよく聞きますが、今回お話を聞いた妻たちは「お前の仕事のせい」と言われました。夫のため、家族のため、将来のため、仕事と家事の両立に必死に闘ってきた妻たちの、悲痛な声をお聞きください。

 

 

■「お前が仕事ばかりで寂しかった」(成美さん/31/雑誌編集者)

iStock.com/NicolasMcComber ※画像はモデルを起用したイメージです

旦那の仕事はいわゆる「9時から5時まで」。土日祝日は休みで、残業はほとんどありません。一方の私はと言えば、家にいてもスマホには仕事の電話が鳴りやみませんし、状況によっては夜中に飛び出して行くことも。

子どもが生まれてからも同じような忙しさでしたが、職場復帰後も、妻として母として頑張っていたつもりでした。でも子どもが2歳になったころに浮気が発覚、相手は職場の後輩でした。はじめのうちこそ謝っていましたよ。

でも泣きながら怒る私に向かって「おまえが仕事ばっかりで、寂しかったからだ」と口走ったのです。それを聞いて急に冷静になり「あなたの浮気、私のせいなの?」と聞くと、ハッとした顔をして、ゴチャゴチャ言い訳していました。

なにを言っていたのかは覚えていませんが、自己保身ばかりだったと思います。スヤスヤ眠る息子の顔を見て、涙が止まりませんでした。私はいままで、何のために頑張っていたのでしょう。

■「お前『も』浮気してるんだろ!」(博美さん/34/ファッションデザイナー)

iStock.com/maroke ※画像はモデルを起用したイメージです

私の勤めるアパレル会社では、年に2回大きなファッションショーがあります。その時期は会社に缶詰め状態になることが多く、その日も朝方に帰宅したのですが、なぜか出社したはずの旦那が家にいるのです。

「あれ? なんでいるの?」と聞くと、「いや…あの…」とオロオロし始めました。冗談のつもりで「浮気相手でも連れ込むつもりだったの?」と聞くと、旦那は「おまえも仕事を理由に、浮気してるんだろ!」と勝手に白状。

「おまえ『も』ってどういうこと? まさかあなた、浮気しているの!?」と、驚きで寝不足も吹っ飛びました。よくよく聞いてみると、旦那は本当に浮気相手を連れ込もうとしていたのです。結果としては「未遂」でしたが。

私が職場で浮気していると勝手に思い込んで「だから自分もしてもいい」なんて、どれだけご都合主義なんでしょう。子どもが保育園に行っていたので、修羅場を目撃されずに済んだことだけが救いです。

■「俺のプライドをズタズタにしたお前が悪い」(愛さん/33/弁護士)

iStock.com/AH86 ※画像はモデルを起用したイメージです

結婚前からずっと法律事務所で働いています。独身時代は司法試験の勉強をしていましたが、結婚して子どもができたので、弁護士になる夢は諦めていました。ところがふたり目が生まれたころ、旦那の会社の業績が傾いて収入が激減したのです。

子育てをしながら勉強を再開し、ダメ元で受験したところ、なんとその年の司法試験に一発合格。結婚前に働いていた事務所に連絡すると、「ぜひ、戻ってきて」と言われ、弁護士として働きはじめました。十分なお給料ももらえて生活も安泰、ひと安心したのですが。

なんとその数か月後に、旦那の浮気が発覚。理由を聞くと「毎日仕事が忙しい、けど楽しいって。仕事を減らされてる俺の前で、言うか? 俺のプライドをズタズタにしたおまえが悪い!」と言うではありませんか。

支えになれればと思っていたのに、逆に旦那を傷つけていたなんて。ショックで「仕事を辞めよう」と決意。上司に事情を説明すると「あなたはこの件がクライアントからの相談だったとしても、退職をすすめるの?」と言われ、ハッと目が覚めました。

「旦那の浮気は私の仕事のせい、だから退職する」というのは、間違っていますよね。いまは離婚へと協議を進めています。旦那の不貞なので慰謝料もガッツリ頂戴し、最後に「私、弁護士だよ!」と改めて言ってやるつもりです。

iStock.com/maroke ※画像はモデルを起用したイメージです

自分の過失を他人に責任転嫁することは間違っていますし、言われたからと言って「自分が悪い」と思い込む必要はありません。ましてや「妻の仕事が忙しいせい」などというのは、到底通らない理屈。決して動揺せず、冷静な対応を心がけてください。

 

ライター:矢島 みさえ
心理士・子育て支援アドバイザー。精神科の心理カウンセラーとして勤務しながら、恋愛コラムライターとして活動中。スクールカウンセラー、児童相談所、精神科、教育相談などでの勤務経験を持ち、恋愛テク系のコラムから真面目な夫婦の関係~セクシャルトークまで幅広く執筆中。

あなたにオススメの記事

コミュニケーションテーマ : 【浮気・不倫】その他の記事

浮気・不倫
もっと見る