注目のキーワード

注目のキーワード
コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

【夫の浮気】いさぎよく謝ったとき…妻としては「許す」が正解なのか?

コミュニケーション

2019.09.26

2020.04.18

妻としては絶対に許すことのできない「夫の浮気」。それが露呈したときの夫の態度しだいで、妻が「本当に許すか許さないか」はだいぶ変わってくるようです。いさぎよく認めて謝った夫を「今回はすべて許そう」と思った妻たち、それほど寛容になれるものでしょうか? 当時の状況をお聞きしました。

 

 

■目の前で清算した旦那を信じる(優子さん/28/介護士)

iStock.com/koizumi _ ※画像はモデルを起用したイメージです

以前から旦那の浮気を疑っていました。でも確証もないし、妻の直感でなんとなく怪しいと思っているだけで、ずっともやもやしていました。そんなとき旦那の〝小さな嘘〟に気づいて。「飲み会じゃなくてどこに行ってたの?」と聞いてみたんです。

浮気だと確信していたわけではないのですが、旦那は「ごめん」と浮気を白状し、謝ってきました。最初は信じられなかったし信じたくもなくて、「もうこの人とは終わりだ」と思ったんです。でも「本当にごめん」と涙目で訴えてきて。

そして「もう彼女とは別れる」と言って、目の前で相手に電話をかけたんです。「申し訳ないと思っていたし、別れる気だった。バレてからでごめん」と。きっぱり別れ話をする旦那の姿を見ていると、本心から言っていると思いました。

もう不倫はしないという言葉も信じられたので、今回に限ってはすべて許すことにしたんです。それからは私も、旦那に対する冷たい態度を反省し、いまは夫婦円満にやっています。

■こだわりの髪型を丸坊主に(真弥さん/30/コールセンター)

iStock.com/JGalione ※画像はモデルを起用したイメージです

旦那の浮気が発覚したときは許せなかったし、離婚しようと思いました。言い訳もせずに素直に浮気を認めたことは評価できると思いますが、素直に謝ったからといって許せるものでもありません。「もう離婚だから!」と宣言して、その日は別室にこもりました。

翌朝も顔を合わせることはなかったのですが、仕事から帰宅した旦那の姿を見てびっくり…丸坊主になっていたんです。地肌が見えそうに短い髪に驚きすぎて、声も出ませんでした。

「こんなことで許されるとは思っていないけど、本当に反省していることを伝えようと思って…」と、申し訳なさそうに頭をポリポリと掻いていたんです。一生懸詫びる姿を見て、思わず旦那を許してしまいました。

本当はすごく髪型にこだわっていて、月に1度は美容院に行く人なんです。そんな人が頭を丸めるなんて、そうとう屈辱的なことだったと思います。私から言われたのではなく、自分から反省の気持ちを示したことも、許した理由かもしれません。

■つぐないの姿勢で許すと決めた(智里さん/35/測量士)

iStock.com/Yagi-Studio ※画像はモデルを起用したイメージです

浮気の証拠と思わしきものが出てきて、当然ですが旦那を問い詰めました。旦那は言い訳がましい性格なので、絶対にはぐらかすか認めないだろうと思っていたのですが、予想に反してあっさり浮気を認めたんです。とはいえ素直に認めて謝ったからといって、それで済むものでもありません。

かなりショックだったし、しばらくは旦那と口もきかない状態でした。そんななか旦那は、なんとか関係修復しようと思ったみたい。早く帰ってくるようになったし、スマホも私の手に届く場所に置くようになりました。職場の人とのやりとりすら、私の前でするように。

旦那なりに、なんとか信頼を取り戻そうと考えたみたいです。そんな態度を見つつ「浮気相手とは別れたの?」と聞くと、相手とのLINEを見せてくれました。そこには、旦那から別れを切り出し、関係が切れたことが一目瞭然のやりとりが。

旦那も変わろうとしているんだと思えるようになりました。誤ちを認めて償おうとしている誠実な態度に、旦那を許しました。あのとき、別れるのではなく許す決意をして良かったと、いまも思っています。

iStock.com/JGalione ※画像はモデルを起用したイメージです

「人を許す」というのはとても難しいことですが、心から悔いて謝り、態度で示している夫に、もう一度のチャンスを与えることができた妻の度量に感服です。もう二度目は、ないと思いますが(笑)。

 

ライター:白藤 やよ
現役のホステスライター。20代の恋愛暗黒期を経て、男に振り回されない生き方を発見。不倫や家族の離婚問題、盗難、盗撮、交通事故…歩けば事件に巻き込まれる「リアル金田一」体質です。最近のブームは、SNS地獄にハマる女性観察。

あなたにオススメの記事

コミュニケーションテーマ : 【浮気・不倫】その他の記事

浮気・不倫
もっと見る