注目のキーワード

注目のキーワード
コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

「親友に会って」関係がバレることに〝危機感ない〟不倫相手のヤバい行動

コミュニケーション

2019.10.03

2020.04.15

本来ならば誰にも知られずに、人目を忍ぶはずの関係…それが「不倫」のはず。バレたリスクは言うまでもなく、家庭や仕事、人生を大きく狂わせる結果になることも。なのに周りに知られることに危機感がない不倫相手が、とんでもないことをしでかしました! ヤバい女性に翻弄される、不倫夫に話を聞きました。

 

 

■「親友に会って」って言われて(祐樹さん/32/建設業)

iStock.com/monzenmachi ※画像はモデルを起用したイメージです

夫からDVを受けていたM子ちゃんの相談にのっていた僕は、離婚後も彼女を精神面で支えていました。とはいえ僕も既婚者ですから「一線は超えない」と決意していたんですが…弱っている女性に求められると、そんな決意は砂上の楼閣。

気がつけば元には戻れない不倫関係になって、関係が続いていたあるとき「ねぇ、私の親友がいるんだけど、会ってくれない?」と、ベッドの上で無茶なお願いをされたんです。その子は、学生時代からずっと味方でいてくれた親友とのこと。

「実はあなたのことも、話してみたの。そしたら『親友としてぜひ会っておきたい』っていわれちゃって。だからお願い!」と強く抱きしめられ…もう地雷の予感しかしません。でも断り切れるムードではなく、結局会わざるを得なかったんです。

「いざとなったら、すべてを捨ててM子の味方になってくれますよね」と笑顔で言われ…人生が詰んだ気がしてなりません。

■職場の後輩カップルとWデート?!(徹さん/35/ゲームソフト開発会社)

iStock.com/Sean Pavone ※画像はイメージです

同僚との不倫関係も半年以上になりました。妻はもちろん職場の誰も、僕たちの関係に気づいていない…と思っていたんですが、実は第三者に知られていました。それを知ったのは、不倫相手のS子と次のデートの話をしているときのこと。

彼女とのデートといえば、カラオケとか居酒屋の個室とか、人目につかないところばかりだったので、たまには遠くの遊園地で堂々とデートしようということになったんです。するとどうやらS子はその話を、仲のいい同僚のA子に話してしまったんです。

するとA子は「私も行きたい! その遊園地、前から行きたかったの!」ととんでもないことを言い出したそうなんです。S子もちょっと天然というか、「A子ちゃんも一緒に行っていい!?」と、目を輝かせてお願いしてきたんです。

(いやいや、僕たちの関係が知られてるの、リスクでしかないんだけど…)と戸惑っていると、「だいじょうぶだよ! A子ちゃん、彼氏も連れてくるから。私たちはちゃんとデートできるし!」と言われ、さらに仰天。ちなみにその彼氏とは職場の後輩…正直、もうカオスです。

■「口が堅い友だち」がやってる店(和哉さん/38/運送業)

iStock.com/davidf ※画像はモデルを起用したイメージです

不倫相手とのデートは、サングラスや帽子や髪形を変えたりして、知人にもパッと見わからないようにしています。でも彼女はどこか、そんな非日常を面白がっている感じで「キミに足りないものがある。それは危機感だよ」と言ってやりたくてたまりません。

そのおかげで冷や汗をかいたのが、先日のデート。その日は彼女がデート先を決め、僕は彼女が運転する車に乗って「ねぇ、どこに連れてってくれるの?」と尋ねました。すると、「おいしいコーヒーが飲めるお店があるの」と言うので、楽しみにしていました。

驚愕の事実を知らされたのは、店についた直後。「へ~、オシャレな店だね」と言うと、「でしょ!? 実はここ、友だちがマスターやってるお店なの!」と知らされて。思わず「え!?」と声に出してしまいました。

「いやいやいや、それフツーにヤバいよ! 僕たち不倫関係なんだよ!? 周りに知られたら…」と慌てふためいていると、「大丈夫、彼は口が堅いから! それにちょっとスリルあって、ドキドキするでしょ?」と満面の笑顔…どうも彼女との不倫は、普通の神経では楽しめそうにありません。

iStock.com/Sean Pavone ※画像はイメージです

もしもママ友界隈でひとりが知れば、次の日には3人…1週間もすれば、ママ友全員が知ってるなんてことは当たり前。めぐりめぐって誰の耳に入るかわかりませよね。

 

 

ライター:芳野 美穂
ライターとして活動をしながら、保育園と小学生、ふたりの子どものママとして奮闘中。仕事は充実しているものの、旦那の仕事が忙しいため、ほぼワンオペ育児。最近の悩みは、近所に住む姑のノンアポ訪問。

あなたにオススメの記事

コミュニケーションテーマ : 【浮気・不倫】その他の記事

浮気・不倫
もっと見る