注目のキーワード

注目のキーワード
コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

【驚愕】不倫相手の〝妊娠リスク〟を聞いたら…激甘すぎる「男の見解」が続々!!

コミュニケーション

2019.09.13

2020.04.17

妻にとって「不倫相手が妊娠した」と夫に告白されるのは、二重のショック。不倫だけでも衝撃的なのに、ましてや妊娠なんて…どうしたらいいのかわからなくなるのは当然のこと。でも、不倫をしている当の夫たちは、相手の妊娠んリスクについてどう考えているのでしょう? 話を聞くと、想像以上に能天気な現状が見えてきました。

 

 

iStock.com/PeopleImages ※画像はモデルを起用したイメージです

■「そんなこと起こるわけがない」(孝義さん/30歳/飲食店勤務)

妻とはセックスレスです。ちょうど妻が妊娠してからですかね…体型も変わって、なんだかすっかり母親になってしまったので、女として見られなくなってしまって。でも、性欲がなくなったわけじゃないので、やっぱり発散する場は必要です。

そこで使ったのが出会い系サイト。数人と会ったなかで一番気に入った女性と、定期的に会うようになりました。彼女は子どものいない既婚女性でセックスレスらしく、旦那は求めても応じてくれないのだとか。

その状況で自分が求められるのって、なんだかすごく興奮してしまいます。彼女から「もし妊娠したら…」という話もされましたが、「そんなこと起こるわけないよ、そんなことよりいまを楽しもう」と一蹴しました。

冷静になれば、妊娠の可能性もリスクもあることは当然わかります。ですが、その時は目の前の快楽が勝ってしまい、どうしてもセックスと妊娠が結びつかなかったんですよね。

■そう簡単に妊娠するもんでもない(直也さん/34歳/清掃会社勤務)

iStock.com/jessicaphoto ※画像はモデルを起用したイメージです

不倫相手は妻と同い年で、僕より3歳下の31歳。同じ会社の事務員をしてる子です。残業で一緒になることが多く、話すうちにだんだん惹かれ合っていきました。正直、彼女を狙っている職場の男は多く、競争率は高め。そんな彼女が僕に惚れてくれているなんて、夢のようでした。

僕には2歳になる娘がいるのですが、妻が妊娠するのに2年近くかかりました。妊娠しやすい状況を狙って、がんばって苦労を重ねて、ようやく授かった子どもです。そんな経験から「そう簡単に妊娠するものではない」と信じています。

避妊している限り妊娠なんて絶対にありえないし、たまに「避妊に失敗して」という話も聞きますが、運が悪かったとしか言いようがありません。排卵日を狙っても2年かかった僕に、縁のない話でしょ。

■「大丈夫」と言う彼女まかせ(肇さん/32歳/建設業)

iStock.com/Tony Studio ※画像はモデルを起用したイメージです

少し大きなプロジェクトを、他の会社と合同で動かすことになりました。そのとき出会ったのが、いまの不倫相手です。うちの現場には女性の姿は珍しかったので、すぐに目について惹かれました。

別にセックスレスでも、夫婦仲が悪いわけでもなかったんですが、久しぶりにドキッと恋をした感じでしょうか。昼休みに声をかけて、プロジェクトが終わったタイミングで、デートに行きました。お互い積極的で、即日ホテルに。

本当は避妊すべきだったんでしょうけど、だいぶテンションが上がっていて、そのままの勢いで最後まで。終わったあとに謝ったんですが、「大丈夫だよ」と言うので、「まぁ、彼女がいうなら大丈夫だろう」と、それ以上は何も言いませんでした。

それからというもの、避妊するかは一応聞いていますよ。ダメな日ははっきりと「今日はダメ」、安全日には「大丈夫」と言うので、その言葉を信じています。女性の体のことは本人にしかわりませんので、彼女に任せていますね。

iStock.com/jessicaphoto ※画像はモデルを起用したイメージです

そもそも不倫自体「いまが楽しければ」「我慢できない」と、後先考えない行動といえるかもしれません。不倫をしながら、なぜか妊娠リスクを考えていない既婚男性は、もはや時限爆弾のように感じますね。

 

ライター:芳野 美穂
ライターとして活動をしながら、保育園と小学生、ふたりの子どものママとして奮闘中。仕事は充実しているものの、旦那の仕事が忙しいため、ほぼワンオペ育児。最近の悩みは、近所に住む姑のノンアポ訪問。

あなたにオススメの記事

コミュニケーションテーマ : 【浮気・不倫】その他の記事

浮気・不倫
もっと見る