2019.08.09

「私の方が女として上」旦那の不倫相手に対峙したら…まさかのマウンティング!!

「どうやって懲らしめてやろう」と鼻息荒く、旦那の不倫相手にご対面。ところが相手から繰り出されたのは、謝るどころかまさかの〝マウンティング〟発言でした! 「人の旦那と不倫しといて、そりゃないだろ!」と怒る妻たちvs.本妻に本気で立ち向かう強メンタルの独身女子…果たして、勝負の行方はいかに?!

 

 

iStock.com/Nikada

■コンプレックスを突いてきた(舞さん/35/医療事務)

半年前に旦那の不倫が発覚し、不倫相手に会うことにしたんです。なかなかの曲者で、謝るどころか強気な態度で悪びれた様子もありません。怒りや悲しみよりも、そのふてぶてしい態度に「最近の若い子は…」と呆れてしまいました。

しかも彼女「私のほうが勝っている」と言わんばかりに、マウントをとってくるんです。最初は聞き流すようにしていましたが、「いつも『ごはんが美味しい』って言うんですけど、奥さんはなに作ってるんですか?」「私とつきあってから太りましたよね! ごめんなさい」という言葉にはショックが隠しきれませんでした。

実は私は、料理が苦手なのが大きなコンプレックスで、実際旦那にも何度か指摘されたこともありました。痛いところを突かれ「料理下手なのも不倫された理由なのかな」と泣きそうな気持ちになりました。

相手の女と対峙するまでは、どう懲らしめてやろうとか考えていましたが、コンプレックスを突いたマウンティングにまんまと撃沈。その後、旦那は別れたと謝ってきましたが、私は不倫相手からのマウントをいまだに引きずっています。