2019.08.15

結局のところ「妻は別格だった」不倫の末に〝妻の元に戻った〟夫の言い分

■離婚して失うものを数えると…(直人さん/30/会社員)

iStock.com/Anetlanda

よくある話かもしれませんが、不倫相手は同窓会で再開した同級生です。といっても「昔好きだった」とかいうわけではなく、なんとなくその場で気が合ったという感じでしょうか…。LINEを交換して、ご飯にいったり遊びにいったりしているうちに、彼女に対して特別な気持ちを持つようになりました。

明るくひょうひょうとした彼女に、異性としての好意があるのかはわかりませんでした。大雨が降ったある日のこと、帰宅が難しくなってホテルへ行き、そのまま男女の仲に…という流れです。彼女と寝て、より魅力的に感じ、相性がいいと気づきました。

ところがしばらくして「そろそろ、どうするか決めよっか?」と彼女が言い出したんです。つまり「妻と別れて彼女と一緒になる」か、「彼女と別れて妻と元どおり」になるか…頭のいい彼女には、潮時がわかっていたのでしょう。

しばらく悩みましたが、離婚して失うものは数え切れません。妻、子ども、家庭、手料理、自尊心などなど…妻を通して作られているアイデンティティが多すぎて。彼女とは別れ、いまは家庭のなかで生活しています。

≪ BACK 1 2

3

4 NEXT ≫