注目のキーワード

注目のキーワード
コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

【旦那の不倫】のらくらとシラを切るなら〝完落ち〟必至の「証拠」を握れ!!

コミュニケーション

2019.08.06

2020.04.18

誰かとのLINEに熱中したり、土日にいそいそと出かけたり…絶対に不倫してる。明らかに怪しいのに、のらりくらりと言い訳ばかりして逃げ切っている夫たちを追い詰めるため、妻たちは「証拠」を握るべく動きました。言い逃れを許さずに〝完落ち〟させるには、どんな「証拠」が有効だったのでしょう?

 

 

LINEのトーク画面があれば完璧(優季子さん/29/事務)

iStock.com/Geber86 ※画像はモデルを起用したイメージです

旦那がスマホをさわる時間が増え、気がつくと誰かとLINEしているようだったので、浮気を疑うようになりました。「誰とLINEしてるの?」とそれとなく聞いても「友だちだよ」とはぐらかすばかり。遅く帰ることも続き、ますます疑いが深まりました。

一度「浮気してるでしょ?」と問い詰めたのですが、「してないよ、証拠あるの? 仕事で帰りが遅いだけだって」と。私もそれ以上追及することができず、これはなんとしても証拠をつかんで旦那に追求しようと決心しました。

ある日、旦那がリビングでうたた寝をしていたんです。片手にはスマホ…画面ロックがかかる前だったので気づかれないようにタッチすると、浮気相手とのトーク画面でした。浮気相手とLINE中にうたた寝するって油断しすぎでしょ(笑)。

そのトーク画面を写真に撮って証拠をゲット。後日、これを証拠に改めて浮気を追求しました。最初はいつものように言い逃れしようとしていた旦那でしたが、トーク画面の証拠写真を見せるとぴたっと黙りましたね。

そこには「またホテルでしようね」という決定的な言葉がありましたから。やっぱり追及してとことん追い詰めるには、決定的な証拠が必要だと思います。

■浮気現場の証拠写真で旦那も降参(綾さん/30/パート)

iStock.com/AntonioGuillem ※画像はモデルを起用したイメージです

一度、旦那に不倫されたことがあります。当然そのときは離婚を考えましたね。知り合いの弁護士にも相談したところ、慰謝料をきちんと請求したいなら、言い逃れできない証拠があるほうが絶対にいいとアドバイスされました。

慰謝料はともかく、自分の非を認めない旦那にどうしても謝ってほしかったので、浮気現場を押さえようと思い切って興信所に依頼することに。後日、不倫相手とホテルに入ろうとする旦那の写真を入手することに成功しました。

再度、旦那に不倫を追求し離婚をほのめかすと「やってない! 証拠もないのに離婚なんてできるか!」と逆ギレした旦那でしたが、証拠写真を見せると一気におとなしくなり、不倫を認めました。

その後、両親との話し合いや旦那の謝罪もあり、離婚には至らずに結婚生活は続いています。疑惑だけで話をしても絶対自分の非を認めることはないし、不倫には証拠の写真を突きつけるのがいちばんですよ。

■旦那の発言の矛盾点を突け(七恵さん/27/化粧品販売)

iStock.com/AaronAmat ※画像はモデルを起用したイメージです

私が旦那に不倫を認めさせたきっかけは、旦那の周りの人の発言でした。いろいろ疑わしき行動はたくさんあったのですが、決定的な証拠もなく追求したくてもできない状況だったんです。そんなとき、駅で旦那の同僚に遭遇したんです。

その人はいつも旦那が飲みに行くと名前を出していた人。でも土日も同僚と飲みに出かけるなんて怪しいですよね。前から不倫をごまかす隠れみのにされているなとは思っていたんです。そこでその同僚に思い切ってカマをかけてみたんです。

「この間は旦那におつき合いありがとう」って(笑)。最初は同僚も余計なことを言わないように意識していたようですが、話をするうちに、旦那が同僚と出かけたはずの土日は彼女とデートだったことがわかりました。

この同僚の発言を証拠に「〇〇さんは先週の土日、彼女とデートだったらしいけど。あなたは誰と出かけてたの?」と旦那に聞くと、しどろもどろになり最終的に不倫を認めましたよ。旦那の行動を追求するには、矛盾点を突く証拠が効果的ですよ。

iStock.com/AntonioGuillem ※画像はモデルを起用したイメージです

プライドが高い男性は自分の非を認めたくないため、言い逃れしようとする人が多いのだとか。追求するときには逃げ道を作らせないよう、証拠となる材料や矛盾点をつかむことを覚えておきましょう!

 

ライター:白藤 やよ
現役のホステスライター。20代の恋愛暗黒期を経て、男に振り回されない生き方を発見。不倫や家族の離婚問題、盗難、盗撮、交通事故…歩けば事件に巻き込まれる「リアル金田一」体質です。最近のブームは、SNS地獄にハマる女性観察。

あなたにオススメの記事

コミュニケーションテーマ : 【浮気・不倫】その他の記事

浮気・不倫
もっと見る