注目のキーワード

注目のキーワード
コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

【不倫事件】同窓会でつい手を出した〝思い出の彼女〟そして事件は起こった!!

コミュニケーション

2019.07.22

2020.04.18

昔好きだった人や、つき合っていた人との再会…過去の思い出も手伝ってか、「同窓会」は不倫の温床になりやすいイベントです。ダメだとわかっていたのに、お酒も入ってついつい〝地元の彼女〟と不倫を始めてしまった夫たち。ほろ苦い青春の思い出が、恐ろしい事件に変わりました! 

 

 

■なんで友だちが知ってるんだ!?(優斗さん/29/証券会社勤務)

iStock.com/Wavebreakmedia ※画像はモデルを起用したイメージです

大学の同窓会に出席したとき、みはるちゃんという同級生と不倫に発展してしまいました。もともと仲がよかったのもあり「同窓会の後に相談に乗ってほしい」と言われてふたりっきりに。でも、そんなつもりはなかったんです。

旦那とうまくいってない、セックスレスで欲求不満。いろいろ打ち明けられ、あれよあれよという間に…というわけです。ただ、地元へはお盆や年末年始しか帰りませんし、東京に住んでいるいま、嫁にバレる可能性は低いはず。

そうタカをくくっていたんですが…みはるちゃんと関係を持ち始めて半年がたった頃、なぜか男友だちから「みはるちゃんと一緒にいるの見かけたんだけど」という目撃情報が、幾度か送られてくるようになって。

会う場所は、地元のはずれか首都圏の郊外を選んでいるのに、なぜ!? という感じです。嫁は関西出身ですし、地元経由で噂に触れることもないと思うんですが、唯一怖いのは帰省したときに、イタズラ好きの同級生がなにかやらかさないかということですね。

■不倫相手が「ご注文はお決まりですか?」(治人さん/30/ドライバー)

iStock.com/Igor Vershinsky ※画像はモデルを起用したイメージです

お酒って飲み過ぎるとダメですね。同窓会でベロベロに酔っぱらった後、気づいたらラブホテルにいました。隣には同級生の咲ちゃんが…目を覚ましたとき、「やっちまった~!」と頭を抱えました。

「酒の勢いで記憶がない」というのはさすがに失礼だと思い「昨晩はゴメンね、俺暴走しちゃったみたいで…今日限りだから」といっておきました。でも「たまになら、私はいいよ…」とつぶやかれ…肯定も否定もせずに別れました。

まぁ、一夜限りのアバンチュール、しかも地元での出来事…嫁にバレることはないと思っていたんですが。夏休みに実家に帰省したときのことです。近くにある居酒屋に、家族と嫁とみんなで飲みに行くのが恒例なんですが。

「ご注文はお決まりですか~?」と来た店員さんの声に聞き覚えが。まさか…と思ってみると、咲ちゃんが店員をやっているではありませんか! 何度も注文をとりにテーブルに来るものですから、生きた心地がしませんでした。お酒に振り回される不倫は、もうこりごりです。

iStock.com/bernardbodo ※画像はモデルを起用したイメージです

■手を繋いだら…事実無根の噂の種に!(弘人さん/34/会社員)

昨年の11月に高校の同窓会に出席してきました。なかでも十数年ぶりに会うのを楽しみにしていたのは、高校生のとき好きだった里緒菜ちゃん。正直、彼女に会いたくて、参加を決めたようなものでした。

彼女は予想通りすてきな大人の女性になっていて、感動すら覚えました。「いまさら告白しても」と思いましたが、思い切って声をかけて当時好きだったことを伝え、いまは2児のパパであることなど、いろいろ話しました。

すると「今日くらいいいかも…」と、こっそり手をつないでくれたんです。憧れの里緒菜ちゃんと手をつなげて舞い上がったのですが…同窓会が終わるころ、なんと彼女の方からホテルに誘われたんです! 

これにはさすがに引いてしまい、なんとかお断りしたんです。でも年末に帰省して、男友達と会ったときのこと。「お前、里緒菜ちゃんとデキてるんだって? 地元にいるんだから気をつけろよ~」と言われてびっくり! 誰がどこで何を見ていて、噂になったのか…。

不倫なんて事実無根なのに、妻の耳に入ったらと思うと恐ろしすぎます。いまとなっては、手をつないだときに写真を撮ったことも後悔しています。どこからか出回らないかと、心配になるばかりです…。

iStock.com/Wavebreakmedia ※画像はモデルを起用したイメージです

学生時代を知っているというだけで気を許して、ついハードルが下がってしまうのかもしれません。それでもやっぱり、不倫は不倫。周りも知っている人ばかりの環境では、噂は瞬く間に広がりますので…くれぐれもご用心を!

 

 

ライター:芳野 美穂
ライターとして活動をしながら、保育園と小学生、ふたりの子どものママとして奮闘中。仕事は充実しているものの、旦那の仕事が忙しいため、ほぼワンオペ育児。最近の悩みは、近所に住む姑のノンアポ訪問。

あなたにオススメの記事

コミュニケーションテーマ : 【浮気・不倫】その他の記事

浮気・不倫
もっと見る