注目のキーワード

注目のキーワード
コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

義実家から〝不倫糾弾会議〟の召集!! 兄弟の修羅場に巻き込まれました

コミュニケーション

2019.07.11

「親族からの急な連絡」に、いいことはたいてい起こりません。今回、お話を聞いたママたちが巻き込まれたのは、兄弟たちの「不倫の修羅場」。平和な日常を突如襲う「身内の不倫」に巻き込まれた、ママたちの実体験を伺いました。

 

 

■号泣と罵りの地獄絵図(りささん/35歳/教師)

 ある週末、家族でのんびりしていると姑から電話が。「ちょっと! 大変なのよ、助けてちょうだい」と、ただならぬ様子。「詳しいことは後で説明するから、とにかくすぐ来て!」なんて言われたら仕方ありません、娘を連れて家を飛び出しました。

義実家に着くと…そこには正座でうつむく義兄と、号泣する嫁の姿が。ひと目見て(あ、修羅場だ!)とわかる光景です。

「りささん、聞いて! この人、女とホテルに行ったんです!」とわめき散らす義兄の嫁。
「そんな大声出すなよ!」と逆ギレする義兄。
「え〜! おじさん、旅行いったの〜?」と尋ねるうちの娘。

収集がつかない修羅場の中で、とりあえず娘を姑に託して義姉のなだめ役をするハメに。「その女に『妻より愛してる』ってメールしてたんです!」「うんうん、分かる分かる」とうなづくと、「りささんには分からないでしょ!」と怒られる始末。

「私、休日に呼び出されて、なんで怒られてるんだろう?」とアホらしくなり、姑が引き止めるなか「では、明日も早いんで!」と、ちゃっちゃと帰りました。

■お姉ちゃんちにおじゃましても?(ちひろさん/37/事務)

ある日、近所に住む妹から「今日からお姉ちゃんの家にお邪魔してもいい?」とLINEが来ました。娘と2人で暇を持てあましていた私は、「いいよ、おいで~」と返信。ちらっと見ただけだったので「今日から」というワードに気がつきませんでした。

30
分後「突然ごめんね」とやってきた妹の手には、大きなスーツケースが。(これは…旦那となにかあったな…)という予感は的中し、1年以上に渡る義弟の不倫を暴露されました。「もう離婚する! 子どもができる前に本性が知れてよかったわ!」なんて言ってますが、私が気になるのはそこではありません。

念のため「実家に帰るってことだよね?」と確認すると、「それは無理だよ、仕事があるもん」とあっさり断られました。たしかに実家には車で2時間以上、通勤はほぼ不可能…どうやら、わが家に居座る気満々のようです。

結局、1週間もわが家に居座り続けた妹。私から義弟に「迎えにきてもらえますか」と頼み、ようやく家に戻っていったのでした。

■何かと思えば「公開処刑」(あゆはさん/35/デザイナー)

先日、旦那の姉夫婦から珍しく「久しぶりにみんなで集まりませんか」と言われました。「これは何かあるな」と思いつつ義実家へ行くと、やはり義姉は暗い表情…そして私たちと義両親がリビングに揃ったところで「ちょっとお話が…」と口を開きました。

すると「ほら、言いなさいよ」と促された義兄が、「こ、このたび、ほかの女性と関係をもってしまいまして…」と蚊の鳴くような声で告白したんです。「え、これ言うために呼んだの?」と呆気に取られる私。

義兄の懺悔は続きます。深々と頭を下げ「妻のことを深く傷つけてしまい、心苦しく思っています…本当に申し訳ございませんでした…」と謝罪しました。「あら…」「えぇ…」と反応に困っている義両親。

(このお通夜状態を、俺が明るくしなきゃ!)と思った旦那は、あろうことか「いやー、モテる男はつらいねぇ! ちょっとは分けてほしいよ~!」と大きな声で笑い飛ばし、義姉に「あんたは黙ってて!」とブチギレられていました。

できれば、首を突っ込みたくない他人の修羅場。兄弟や親戚であっても、それは同じです。ただでさえ忙しい働くママたちに、極力迷惑かけないでください!

 

ライター:楠 ゆず
娘と夫、茶トラの猫の3人+1匹で暮らすフリーライター。思い切ってマンションを購入し、ローンパラダイスへ突入中。幼児教育にハマってしまい、興味をもった教材は手に入れないと気が済まない。おかげで家には教材の山が…。断捨離欲と収集欲の葛藤に悩む日々です。

あなたにオススメの記事

コミュニケーションテーマ : 【浮気・不倫】その他の記事

浮気・不倫
もっと見る