注目のキーワード

注目のキーワード
コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

【妻の事件簿】元カレから〝W不倫〟を匂わせる誘い…やりとりしてみた結果?!

コミュニケーション

2019.07.09

2020.04.18

往々にして、別れた男性とヨリを戻したいという女性は少数派ですが、男性の場合、いつまでも「元カノ=俺の女」と思っている節が。お互い既婚者となった元カレが、どうやら「W不倫」をたくらみつつ、つながりを求めてきたら…あなたはどうしますか? そんな体験をしたママたちのお話です。

 

■おまえなら聞いてくれるかな、って…(幸奈さん/26/プログラミング講師)

スマホを持って薄笑いする男性

iStock.com/YakobchukOlena ※画像はモデルを起用したイメージです

結婚して1年が経ったころ、突然元カレから連絡がきました。「奥さんのことで悩みがあってさ。おまえなら聞いてくれるかなって…」と相談してきたんです。ほかに相談する相手もいないなら…と思い、LINEでやりとりするようになりました。

でも、そのうちに「今度久しぶりに飲もうよ」「会って話を聞いてほしい」と、お誘いが。お互い既婚者だし、旦那からの誤解を招くようなことはしたくありません。しかも元カレに未練なんて、まったくありません。

あまり刺激しないようにはぐらかしていましたが、彼からのLINEは日に日にエスカレート。「旦那とは、夜の関係はあるの?」「浮気したいと思ったことないの?」と、怪しげな発言が多くなっていきました。

こんな感じが、W不倫の始まりなんじゃない…!? 彼に危険を感じた私は「あんたさ、私に何を期待してるの? こっちはそんな気みじんもないよ。もう連絡しないで!」と、連絡をシャットアウトしました。

相談をきっかけに元カノと不倫しようなんて、女々しいしダサい男ですよね。旦那に隠れてまで話を聞いてあげたのに、私のやさしさを返して(笑)!

■別れた理由も〝コレ〟だったわー!(沙菜さん/25/営業事務)

スマホを持ってふくれっ面する女性

iStock.com/Siphotography ※画像はモデルを起用したイメージです

3年前までつきあっていた元カレから、SNSで突然のコンタクトがありました。確か昨年、社内結婚したはずです。警戒心もありましたが、SNSだけで繋がるくらいなら…と「友だち承認」しました。

その2週間後、いきなりダイレクトメッセージ。最初は「久しぶり! 元気? 偶然おまえを見つけたんだ!」といったメッセージだったので、お互いの近況を報告し合うようなやりとりをしていたんです。

ところが3日後、急展開が…「また会いたい」「俺の結婚は失敗だった」「おまえのほうが良かった」と、口説き文句が送られてきたんです。正直「おまえのほうが良かった」という言葉には、一瞬ぐらっときましたね、奥さんよりも魅力的だと言われたみたいで(笑)。

その後も元カレからのメッセージは続き、押しに負けてつい、会う約束をしてしまいました。でもその前日に、元カレと別れた理由を思い出したんです…あのときも確か、元カノと浮気したんだった!

元カノを思い出しては手を出してしまう彼の悪い癖は、いまだに直っていないよう…。翌日「やっぱり会えない!」とキッパリ拒否してそれっきりです。

■いいじゃん、俺も結婚してるし(千佳さん/30/飲食店スタッフ)

コンサートライブのチケット

iStock.com/Michael Burrell ※画像はモデルを起用したイメージです

5年前につきあっていた元カレから突然の連絡…お互い結婚してから連絡は初めてだったので、なにごとかと思いましたね。でも「余っているんだけどいらない?」と、私が大好きなアーティストのチケットを譲ると…思わずテンションが上がりました。

でもなんとなくですが、これを口実に私と会おうとしている気がしたんです。だから「あー、そのチケット、もう持ってるんだよね」と噓をついてみたんです。すると「それなら久しぶりに飲みに行かない?」と、あっさり本音を出しました(笑)。

どう考えたって、既婚者男性が元カノと食事なんて下心が見え見え、その手に乗る気はありません。「私もう結婚してるのよ! 旦那以外の男性と食事なんて無理」と断ったんです。すると「俺も結婚してるんだし、いいじゃん!」とチャラい感じで、性懲りもなく再びお誘い。

こんな露骨な男と、誰が浮気なんかするもんか。ヒマなのか欲求不満なのか知りませんが、これ以上、元カレの女々しい姿を見たくはありません。「あんたが独身だろうが既婚者だろうが、関係ないのよ。会いたくないの!」と言ってやりました(笑)。

NOという札を掲げて怒る女性

iStock.com/izusek ※画像はモデルを起用したイメージです

「元カノならワンチャンあるかも…!」と、つい都合のいい期待をする男たち。うっかりロマンティックになったりして油断すると、相手の思うツボなんてことも…!? 元カレからの連絡には、「優しさ2割、警戒8割」くらいがちょうどいいのかもしれません(笑)。

 

ライター:白藤 やよ
現役のホステスライター。20代の恋愛暗黒期を経て、男に振り回されない生き方を発見。不倫や家族の離婚問題、盗難、盗撮、交通事故…歩けば事件に巻き込まれる「リアル金田一」体質です。最近のブームは、SNS地獄にハマる女性観察。

あなたにオススメの記事

コミュニケーションテーマ : 【浮気・不倫】その他の記事

浮気・不倫
もっと見る