注目のキーワード

注目のキーワード
コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

「幾つになってもパパは娘を守り続ける❤︎」妻の父親が不倫夫に怒りの鉄槌!!

コミュニケーション

2019.07.04

2020.04.18

iStock.com/SteveLuker ※画像はモデルを起用したイメージです

男親にとって娘は、特別にかわいい大切な存在。成長して、嫁いでも、母となっても「いまだに溺愛されている」と感じるママも多くいます。そんな大切な娘が、「夫の不倫」という悲しい目に遭わされたと知ったら…パパたちの怒りの鉄槌が炸裂しました。

 

■元ヤンキーパパの制裁が鬼レベル!(りかさん/32/医療事務)

私の父は、嫁いだいまでも娘の私を溺愛しています。半年前、旦那の不倫が発覚しました。一人で悩むのは辛かったのですが、かわいい娘が旦那に不倫されたと父にわかれば面倒くさいことに。そこで、母だけにこっそり相談したんです。

しかし、父の〝娘センサー〟の感度はものすごく、どうやら母に相談しているのをこっそり聞いていたよう。激怒した父は、ものすごい勢いでうちに押し掛けてきました。無言で旦那を外に引きずり出し、馬乗りになってボコ殴りしている姿はまさに鬼。

旦那は必死に「ごめんなさい!」と泣き叫ぶばかり。その後、泣きながら謝る旦那を、私が手当てしたのでした。このとき初めて知ったのですが、実は父は元ヤンキーで、ケンカがかなり強かったそうです。

私の前では穏やかで優しい父だったので、まったく知りませんでした。父の鬼制裁によって旦那も反省しているようなので、離婚はまだ様子見。父は離婚しろ、離婚しろって、うるさいんですけどね(笑)。

■父が差し向けた敏腕弁護士(優花さん/29/営業)

iStock.com/Pattanaphong Khuankaew ※画像はモデルを起用したイメージです

友達の目撃情報で旦那の不倫が発覚しました。もともと浮気癖があり、酒癖も悪いバカ夫だったので「離婚する!」切り出すと、「できるものならやってみな?」とふてぶてしい態度。開き直った挑発的な態度に、心底腹が立ちました。

「こうなったら、取れるものは取って離婚しよう」と、父に相談を決めました。法律関係の仕事をしている父が紹介してくれたのは、離婚問題に強い敏腕弁護士。離婚までの対応を的確にアドバイスしてもらいました。

慰謝料といってもたかが知れているとナメ腐っていた旦那は、私が弁護士と一緒に話し合いに現れると真顔でビビっていました。弁護士は激怒した父から「合法的にきっちり追い詰めてほしい」と言われていたようで、それはそれは敏腕な仕事っぷり。

怯えた旦那は態度を一転、裁判までいかずに離婚できそうです。父が授けてくれた心強い味方のおかげで、もらえるものはしっかりもらって(笑)。いまは一刻も早く新しい人生に踏み出せるよう、日々を過ごしています。

■社長令嬢を怒らせた結果…(茜さん/34/パート)

iStock.com/katleho Seisa ※画像はモデルを起用したイメージです

父は社長で、私はいわゆるお嬢さま。父の会社にいた社員に一目惚れして、6年前に結婚しました。平社員との結婚に最初は反対されましたが、旦那の誠実な性格と真面目な仕事ぶりに、父も結婚を認めてくれたんです。

その後、旦那はスピード出世して子会社の事業部長に。もともと仕事ができる人ではあったものの、誰から見ても「社長の娘婿」のコネなのは明らか。旦那もそれは分かっているようで、父に感謝していました。

ところがある日、旦那が派遣の女性と不倫していたことが分かったんです。裏切られたショックと怒りは大きく、すぐに父に報告しました。私が旦那を責め立てるより、会社での立場が危うくなったほうがダメージが大きいと思ったんです。

親会社の社長としても娘の親としても、父の激怒は当然のこと。すぐさま子会社の派遣会社利用を中止させ、旦那は事業部長を降ろされることに。小さな会社のことですから「旦那が派遣の社員に手を出した」という噂もすぐ広まったそうです。

弁護士を立てて不倫相手に慰謝料請求したのはもちろんのこと、会社でも家でも立場がなくなった夫を見て胸がスッキリしました。離婚も切り出したのですが「それだけは」と懇願され、子どものこともあるので、いまは様子見の状況ですね。

iStock.com/m-imagephotography ※画像はモデルを起用したイメージです

「不倫」は周りの人を傷つけます。大切な娘を泣かせた不倫夫にくだった、パパからの鉄槌…夫たちも相当懲りた様子ですね。

 

ライター:白藤  やよ
現役のホステスライター。20代の恋愛暗黒期を経て、男に振り回されない生き方を発見。不倫や家族の離婚問題、盗難、盗撮、交通事故…歩けば事件に巻き込まれる「リアル金田一」体質です。最近のブームは、SNS地獄にハマる女性観察。

あなたにオススメの記事

コミュニケーションテーマ : 【浮気・不倫】その他の記事

浮気・不倫
もっと見る