注目のキーワード

注目のキーワード
コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

「男の浮気はいいけど女はダメ」夫の屁理屈を返り討ちにした妻の〝トドメの一撃〟

コミュニケーション

2019.06.11

2020.04.18

大変です! 夫の言い分に妻たちが怒っています! それというのも夫が放った「男の浮気は本能だから仕方ないけど女はダメ」という言葉のせいなのです。この言葉にカチンときた妻たち…都合のいい生物学や男女差別が渋滞してるた渋滞してる、自己中すぎる屁理屈を返り討ちにした〝妻の口撃〟とは?

 

 

■旦那もダメってことでしょ(華さん/28/パート)

Chick Flick

iStock.com/gchutka ※画像はモデルを起用したイメージです

先日、旦那とドラマを見ていました。人妻が若い男性と不倫を繰り返すという、ドロドロ不倫劇なのですが、私はそのドラマが大好き。それを見ながら、旦那と「浮気」の話になったんです。

すると「男は浮気してもいいけど、女はだめだ」と旦那。「なんで男だけいいのよ!?」私が聞くと、「女は〝浮気〟じゃなくて〝本気〟になるからダメなんだ。ドラマを見ていても分かるだろ?」

もっともらしい自論を展開しますが、到底理解できません。ドラマに出てくる不倫妻たちの旦那は、揃いも揃ってクズ男ばかり。働かず家庭を顧みなかったり、仕事を理由に妻をかえりみなかったり、浮気を繰り返したり。

そこで、私もこう言ったんです。「確かに! でも、旦那もダメよね。妻の〝本気〟を繋ぎとめられなかったんだから。全員クズばっかりだったし。もし私が浮気したら、あなたもダメってことよね」

「自分勝手なこと言うな~」と言ってくる旦那に、「それはこっちのセリフでしょ!?」と答えておきました(笑)。

■自分で掘った墓穴に落ちました(優奈さん/29/受付)

 Their emotions are all dragged down

iStock.com/PeopleImages ※画像はモデルを起用したイメージです

旦那が2度目の浮気をしたときに、夫婦で大喧嘩をしました。最初は「魔が差した」で納得もしましたが、2度目となると確信犯。絶対に許せません。あまりにも反省の色が見えない旦那に、私の怒りも頂点に。

「私が浮気をしても、怒らないでよね!?」と言ったんです。すると急に冷静になって「俺は男だから仕方ないけど、お前はダメだ」と言ったんです。「なんで!?」と食い下がる私に彼はこう言いました。

「男が浮気をするのは本能だ。動物の雄はたくさんのメスと交尾をしようとするだろ? 俺も動物のオスだ!」。

あまりの幼稚な屁理屈にあきれ返りましたが、黙っているわけにはいきません。「ああ、そうなの。あなたは動物のオスなのね。だから人間にあるべき理性がないんだ。幻滅しました。離婚しましょう」。

私がリアルなトーンでそういうと、旦那は急にあたふたし始めて。「違う! そういうことじゃないんだ!」「え、でも。あなたさっき自分で動物だって言ったじゃない」「うぅ…それは」旦那が完全に、墓穴に落ちた瞬間でした(笑)。

■兄弟たくさんできるかな?!(咲子さん/28/パート)

Naughty sweetie

iStock.com/mediaphotos ※画像はモデルを起用したイメージです

つき合っているときから浮気癖が治らない旦那。「子どもができて、お父さんになったら落ち着くよ」という周りの声と裏腹に、いまでも不倫を繰り返している様子です。そんなある日、親子で夕飯を食べていたときのこと。

ふと、ママ友の不倫の噂を思い出したんです。子どもの前ではありましたが、わざと「○○さん、不倫してたみたいよ」と旦那に言ってみると、「女が不倫なんて最低だな」と自分のことは棚に上げて、ツッコミどころ満載の発言。

「あなただって同じでしょ?」と言うと、旦那は「男はしょうがないよ。より多くの子孫を残そうとするのが男の本能なんだから。そう遺伝子に組み込まれているんだから」と、なんとも身勝手な自論。

「それならしょうがないわよね。あなたも子孫をたくさん残そうとして、やってるんでしょうから〜」そして、子どもに向かって「ゆうき~、兄弟がたくさんできるかもよ!」と言ったんです。

子どもは無邪気に「やった~!」なんて言っていていましたが、旦那は顔面蒼白でしたよ。

I know it hurts and I'm here for you

iStock.com/laflor ※画像はモデルを起用したイメージです

こんなバカバカしい屁理屈で「男の浮気」が正当化されるわけはありませんが、夫が本気でそう考えていたら痛すぎるというもの。あきれてスルーする前に、ここはひとつ、ガツンとかましてやりましょうよ(笑)。

 

 

ライター:葛西 明
人材派遣及び、人材紹介を行う会社に勤めるサラリーマン。求人募集の文章を書くのが楽しいと感じて以来、ライターとしても活動中。家事が苦手な妻と結婚後、気付けば兼業主夫になっていることが悩み。

あなたにオススメの記事

コミュニケーションテーマ : 【浮気・不倫】その他の記事

浮気・不倫
もっと見る