注目のキーワード

注目のキーワード
コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

「50歳になったら一緒になろう」男の嘘を真に受ける〝純情妻のW不倫〟が痛々しい!!

コミュニケーション

2019.05.31

2020.04.18

たいていの不倫をはたから見れば、純愛や真実の愛と違うことは明白。それを一番分かっていないのは、不倫の真っただなかにいる、当の本人です。「これは不倫じゃなくて、本当の愛!」と信じて疑わない不倫妻は、なぜそこまでのぼせ上がってしまったのか? 男の嘘を真に受けた〝純情不倫妻〟たちの、痛すぎるお話です。

■50歳になったら…の約束(優香さん/29/カフェ店員)

attractive and cheerful young woman smiling in cafe

iStock.com/LightFieldStudios ※画像はモデルを起用したイメージです

1年くらい前から、ダブル不倫をしている友だちがいるんですが…その姿が本当に痛々しくて。恋愛経験少なめのA子は、アラサー主婦だというのに少女漫画のような恋愛を夢見ていました。ところがいまは、不倫相手にぞっこん!

思い描いていた理想の恋愛と、結婚生活の現実との落差に失望して、現実逃避させてくれる相手にすがってしまったのかもしれません。でもそれだって、A子が求めていた「真実の愛」では、ないんですけどね。

それでもA子は不倫ドラマのヒロイン気取り。「私が悪いのはわかってる」「〇〇さんは悪くない!」とすっかり酔いしれていました。さすがに友だちでも、引いちゃいますよね…一度「不倫なんか、もう終わりにしなよ」と忠告したことがあります。

でも「50歳になったらお互い離婚して、一緒になるって約束してるの! なにも知らないくせに邪魔しないで!」と逆ギレされてしまいました。もうなにを言ってもダメだとあきれてしまい、それ以来、A子とは会っていません。

「いつか現実に気づいてほしい」と、陰ながら願っています。

■甘い言葉を信じた痛い女(里菜さん/31/医療事務)

Man flirting with woman

iStock.com/KatarzynaBialasiewicz ※画像はモデルを起用したイメージです

出張が多い夫との結婚生活の寂しさから、職場の男性と不倫関係になりました。最初は「旦那を裏切るなんて、最低なことはできない」と自分に言い聞かせていましたが、彼の優しさにハマってしまいました。

「いつか一緒になりたいな」「俺は本気だよ」いつからか、そんな言葉を求めてしまうように。会うたびに甘い言葉をささやく彼をどんどん好きになり「いつかお互い離婚して一緒になる」という未来図まで描いていました。

そんなある日、彼の奥さんが勘づいたようで、なかなか会えない状況に。かまってもらえない寂しさから「私のこと、本気って言ったじゃん!」「離婚してくれないの?!」と感情的に迫ってしまったんです。

彼から返ってきた言葉は「お互い遊びでしょ? 恋愛ごっこなんだから、本気にしないでよ」と…信じたくなかったですね。これをきっかけに不倫は終わりました。

いま思うと「あんなそらぞらしい言葉を鵜呑みにして、痛い女になっていたな」と恥ずかしく思います。唯一の救いは、旦那にバレなかったこと。本当にごめんなさい!!

■客観的に見れば、すぐわかる(舞さん/35/事務)

Man talking to woman while friend watches

iStock.com/princigalli ※画像はモデルを起用したイメージです

私の最大の秘密は、年下の男性と不倫していること。彼のことが好きで好きで、旦那に愛情はありません。相手も結婚しているのですが、「早く奥さんと別れてほしい」といつも考えていました。

彼から「いつか結婚しようね」と〝将来の約束〟じみたことを言われるたびに、「この不倫は正義なんだ!」と自分を信じ込ませて。そんなある日、高校時代のクラスメイトだった友だちから、不倫の相談をされました。

話を聞いてみると私とそっくり、よく似た状況。ダブル不倫の相手から「結婚しよう」と言われているけど、なかなか離婚してくれないとのこと。第三者として話を聞けば、そんな言葉は男の嘘だし、相手は離婚する気なんてさらさらないと、すぐに分かります。

友だちに「早まらないほうがいいよ、もっと冷静にね」とアドバイスしてふと我に返り、「彼は離婚する気も、私と一緒になる気もいっさいない」と気づいたんです。ただ、甘い言葉で繋ぎ止めているだけ…自分の愚かさに、心底落ち込みました。

「人の振り見て我が振り直せ」とは、まさにこのことですよね。

Regrets

iStock.com/Marisa9 ※画像はモデルを起用したイメージです

恋愛経験が少ないままに結婚した妻たちのなかには、恋愛や結婚の「理想と現実」に折り合いがつかず、違和感や焦燥を感じている人も。そこを狙う不倫男性にとっては、恰好の獲物といえるでしょう。この現実が辛いから、次の幸せ…なんて具合にうまくいくほど、人生は簡単ではないと思うのですが。

 

ライター:白藤やよ
現役のホステスライター。20代の恋愛暗黒期を経て、男に振り回されない生き方を発見。不倫や家族の離婚問題、盗難、盗撮、交通事故…歩けば事件に巻き込まれる「リアル金田一」体質です。最近のブームは、SNS地獄にハマる女性観察。

あなたにオススメの記事

コミュニケーションテーマ : 【浮気・不倫】その他の記事

浮気・不倫
もっと見る