2018.12.07

一見裕福な〝世帯年収1600万円〟夫婦が「有名私立小学校はツラい」理由

夫婦のそれぞれの年収が800万、つまり「世帯年収が1600万」ある夫婦は全体の0.5%ほどなのだとか。十分に余裕があるように思えますが、そんなご家庭でも、子どもを有名私立小学校に行かせると「ツラい!!」のだとか…いったいなぜなのでしょう?

 

学費や諸経費もエスカレーター式(優子さん/38/会社員)

私たち夫婦は共働きで年収はそれぞれ約800万円。このあたりでも割と裕福な生活を送っているほうだと思っていましたし、念願のマイホームも購入しました。息子を通わせる小学校も「どうせなら!」と名門の有名私立小学校を選んだんです…でも、ここに入学させる本当の意味を、このときの私たちは理解していませんでした。

shutterstock_1238425792

学費は年に80万円。高額ではありますが、それ自体は無理な金額ではありません。でも2年生に上がる頃から、事態は変化していきます。

周りの家庭の影響もあり、有名進学塾に通わせ始め習い事も複数かけ持ち。校外学習などの行事も頻繁に行われるようになり、出費もかさみ…年間の出費は総額数百万に。こだわりを持って建てた家のローンも高く、生活レベルの見直しを検討する必要が出てきました。

というのも、私たち夫婦にとって一番の見落としだったのは、この小学校は「大学までのエスカレーター式」だということ…進級するにつれ、学費や諸経費も上がっていくのです。

万が一のために貯金もしないといけませんし、もともと節約に無頓着だった私たちにとって生活レベルを下げるのは相当なストレスです。いまはなんとか、日々の出費をやりくりしていますが…。