注目のキーワード

注目のキーワード
コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

年収1000万円は〝平民〟か?!「頑張って私立小学校に行かせた」ママの悲劇

コミュニケーション

2018.10.06

「子どもを名門私立小学校へ入学させた」…世間的には、それだけで“勝ち組”と思われがちです。ところが実際に話を聞くと、幸せばかりとは言い切れない〝厳しい現実〟が。セレブな私立小学校に子どもを入れた、自称〝平民〟のママたちのお話です。

 

長期休暇は海外か別荘が普通(沙保里さん/38/薬剤師)

 

息子はひとりっ子ということもあり、「いま頑張っておけば大学まで苦労しないだろう」と思い、数年前にエスカレーター式の私立小学校へ入学させたんです。

私立小学校というと、「裕福で教育熱心な家庭の子どもが多い」という漠然としたイメージはありました。でも、うちだってそこそこ収入はあるし、なんとかなるだろうと。ところが入学してみると、住む世界が違う人たちがゴロゴロ…本当に驚きました。

長期休暇といえばわが家の定番は、田舎の祖父母のところへ行くor国内旅行。しかしその学校では、海外や自前の別荘に行く人が普通。身近で別荘を持っている人なんていなかったので、衝撃を受けました。

shutterstock_164448203

息子の友だちのママと仲良くなったのですが、「今度スイスにスキーしに行くんだけど、一緒にどうかしら?」と誘われたときには、さすがに顔がひきつりましたね。

長期休暇のたびに息子から「うちはなんで、海外行かないの?」言われ、今年はやっとの思いでハワイへ。これからもなんとか周りに合わせないといけないのでしょうか…なかなか大変です。

絵に描いたような富裕層を知った(加奈さん/39/メーカー勤務)

 

私立小学校は学費が高いとわかっていましたが、娘に質の高い教育を受けさせたかったので頑張って入学させました。私自身は平凡なサラリーマン家庭で生まれ、高校までは公立、大学は私立です。中流家庭が多い地域で育ち、裕福というわけではありませんが経済的に苦労してきたこともありません。

しかし、私立小学校に通わせているママたちのなかには、私がいままで出会ったことのない、「本物の富裕層」がいて本当に驚きました。

娘の友だちのママに誘われてご自宅に遊びに行ったのですが、絵に描いたような「一等地にある広いお庭の大豪邸」を目の前にしたときには足がすくみました。

shutterstock_104576246

夕食をごちそうになったのですが、テーブルの上には高級な洋食器とカトラリーがきれいにセッティングされ、お手伝いさんが料理を運んでくれるスタイル…こんなのドラマでしかみたことありません。テーブルマナーに気をとられすぎて緊張し、前菜のキャビアの味もよくわからなかったのを覚えています。

生活レベルがあまりにも違いすぎる人とつきあってみて、自分がつくづく「平民なんだな」と思い知らされました。

「ランチだから安いのよ」(みどりさん/33/会社員)

 

昨年、娘を某有名私立小学校に入学させました。夫は上場企業に勤務していますし私自身も働いているので、ふたり合わせると年収は1000万円以上です。周りの家庭とくらべても低いほうではないと思っていましたので、学費がかかっても子どもにとってよい教育環境が整っている小学校を選んだのですが…。

入学してしばらくすると、娘に友だちが何人かできました。たまたま学校行事でその友だちのママたちに会ったので、あいさつして世間話をしているうちに、「今度ランチしましょう!」ということになり、その場で連絡先も交換しました。

保育園に通わせていたときにもママ同士のランチ会はあったので、同じようにファミレスとかかなと思いこんでいたら…なんとランチ会場は高級ホテルのフレンチレストラン。「ランチだと安いのよ~」なんて言っていましたが、まさかの昼から1万円コース料理! しょっぱなから、金銭感覚の違いに驚きました。

shutterstock_9122842

その後、頻繁にランチ会のお誘いはありますが、すべてに参加していたら確実に家計破たん。いまは、「なかなか休みがとれなくて、ごめんなさい」とやんわりとお断りしています。適度な距離でつき合いつつ、なんとかやっています。

名前の通った私立小学校となると、富裕層が多いのは事実のよう。子どもには良い環境で学ばせたいと思いますが…入学前の準備にも入学した後にも、親にはそれなりに覚悟がいるようです。

shutterstock_537604843 (1)

ライター:小森雪代
広告代理店・出版社・編集プロダクションを経て、フリーライターに転身。ゴロゴロしたい願望とは裏腹に、夫と高校生の娘と暮らしで、苦手な家事と仕事に追われる日々を送っています。酒量と体重が増えつつあるものの、仕事後のビールがなによりの楽しみ。

あなたにオススメの記事

コミュニケーションテーマ : 【学校・園】その他の記事

学校・園
もっと見る