2019.08.08

どうするのが正解なの?もしも子どもから「小学校に行きたくない」と言われたら


小学生の子どもから、「学校に行きたくない」と言われ、ドキッとした経験はありませんか? 学校を休ませるのは簡単なこと。しかしそれが不登校につながるかも……と思うと、ついためらってしまうママも多いのではないでしょうか。

とはいえ、子どもからの訴えを無下に扱うのは危険かもしれません。子どもの意見を真っ向から否定するのを避けた方が良い理由と、子どもの発言に対する、親としての向き合い方を教えます。

■「とにかく学校へ行きなさい」は危険

朝の忙しい時間、突然子どもが「学校へ行きたくない!」と言い出したら、困ってしまうママも多いのではないでしょうか。「そんなこと言われても、どうすればいいの!? 私だって仕事に行かなくちゃいけないし……」というのが、ママとしての本音なのかもしれません。

このような場面で、つい口に出してしまいがちなのが「とにかく今日は学校へ行きなさい」という言葉です。「行ってみたら、楽しいことあるかもよ?」「とりあえず行ってみて、帰ってきたら話しを聞くよ」といった言葉も、子供にとっては同じ意味となります。

しかしこのような「とにかく学校へ」という言葉は、子どもの心を突き放してしまうものだと心得ておきましょう。

多くの子どもにとっての学校とは、「子どもが当然行くべき場所」で「行かなければならない場所」といったイメージです。そこに「行きたくない」と伝えるのは、子どもにとっても勇気が必要なことなのです。子どもは周囲の大人の気持ちを敏感に察知するもの。「行きたくない」と自分が言えば、パパやママが困ってしまうことも、ちゃんとわかっているでしょう。

それでも子どもが「学校に行きたくない」と言うのは、口に出さざるを得ないほど、子どもが抱えるストレスが大きくなっていることの証拠でもあります。ギリギリまで我慢した結果が、「朝登校する前の一言」になったのかもしれませんね。

Chanto