注目のキーワード

注目のキーワード
コピーしました
お使いの端末は
この機能に対応していません

義父母の前で妻を呼び捨てにしたら「失礼だ!」って怒られた

コミュニケーション

2019.05.25

communication201905
妻の呼び方は人によって様々で、「○○ちゃん」と呼んでいる人や呼び捨てにしている夫も。しかし義父母が家に来た場合は、普段と同じ呼び方で大丈夫なのでしょうか。ネット上では様々な意見が寄せられていました。

 

義父母の前で妻を呼び捨てにするのは失礼?


以前「義父母の前で妻を呼び捨てにしたら、『失礼だ!』って怒られた」という夫のお悩みが話題に。彼はそれ以降「さんづけ」で呼ぶようにしたのですが、「結婚前ならいざ知らず、結婚後も義父母の前で『呼び捨て』にするのは失礼なの?」と疑問を投げかけています。

 

これに他の既婚者からは、「妻が“呼び捨て”を不快に思わないなら全然普通のことだし、呼び方は変えなくていい。むしろそれで怒る義父母の方が非常識」「結婚後に“さん”をつけて呼ぶのは不自然」「義父母と会うたびに使い分けてるとそのうち辛くなる」といった声が。「義父母の前でも呼び捨てにしていい」と擁護する人も多いようでした。

 

一方で「“さん”をつけて丸く収まるならさんづけで呼ぶべきでは?」「自分は義父母の前だと“さん”をつけて呼んでるなぁ」「やっぱりこの状況だと義父母に合わせるのが正解」「無駄に我を通して関係を悪くする必要はないと思う」といった声も。義父母の前では“呼び捨てにしない派”も少なくありません。

 

その他「状況によって使い分ける」という意見も寄せられていました。例えば電話などで義父母と会話している時に妻の名前を出す時は、「○○が~」というように呼び捨て。そして義父母と直接会い食卓を囲んでいる時などは、「○○さん」とさんづけにする人もいるようです。

 

義父母の前で妻のことなんて呼ぶ?


実際に世の男性は、義父母の前で妻のことをどう呼んでいるのでしょうか。ネット上では“呼び捨て”や“さんづけ”の他に、「『○○ちゃん』みたいに“ちゃんづけ”で呼んでる。会社の同僚には『気持ち悪い』って言われるけど、義父母にとっては嬉しいみたい」「2人きりの時でも義父母の前でもあだ名」「子どもができてからお互いのことを“パパ・ママ”って呼ぶようになって、義父母の前でも妻のことを“ママ”って呼んでる」といった声が寄せられていました。

 

その他“妻の呼び方”だけでなく、“義父母の呼び方”に悩む男性も。例えば「義父のことを“おとうさん”って呼ぶのが恥ずかしい。結婚してからどれくらいで“おとうさん”って呼ぶもの?」といった質問も書き込まれています。

 

同じような悩みを抱える夫は少なくないようで、「いつまでも義父や義母のことを『○○さん』って呼んでしまう。これって非常識なのかな?」「周りの友人を見てると、みんな義父母のことを“おとうさん・おかあさん”って呼んでて焦ってる」との声が。そんなお悩みの数々には、「こればっかりは思い切りしかない。一回“おとうさん”って呼ぶとすぐ慣れるよ」「いきなり呼ぶのに躊躇っちゃうなら、直球で『おとうさんって呼んでいいですか?』って聞いてみたら?」とのアドバイスがされていました。

 

義父母からの“呼ばれ方”にモヤモヤ?


義父母がいる状況の“呼び方”には様々な悩みがあるようですが、反対に“呼ばれ方”で悩む男性も。ネット上では30代の男性会社員が、「義父母から“呼び捨て”にされていて、名前を呼ばれる度にもやっとする」と打ち明けていました。彼の思いとしては、義父母に「くんづけ」で呼んでもらいたいとのこと。そこで「義父母が娘の夫を呼び捨てにするのは普通のことなの?」と疑問を投げかけています。

 

このお悩みには、「あまり一般的ではないと思う。どうしても嫌だったら、妻に『呼び捨てにしないでほしい』との旨を伝えてもらったら?」「普通は“さんづけ”で呼ぶものでしょ」といった意見が。一方で「以前同じ悩みを妻に話したら、『お父さんもお母さんも息子ができて嬉しいみたい』って言われて許した」との体験談も寄せられていました。

 

“呼び方”のトラブルは考え方の違いが原因となるケースもあるので、一度家族で話し合ってみても良いかもしれません。

 

文/古山翔

 

あなたにオススメの記事

コミュニケーションテーマ : 【義実家・親戚】その他の記事

義実家・親戚
もっと見る